AKB48手帖

AKB48(NGT48/STU48)と坂道シリーズ

「花咲舞が黙ってない」最終回 舞、最後の戦い! 



好評のうちに終了したNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で
主演を務めた杏さんが、不正を許せない銀行員・花咲舞を演じる
痛快オフィスストーリー!「花咲舞が黙ってない」

原作は昨年、TBS系でドラマ化された「半沢直樹」の池井戸潤さんの
唯一の女性主人公を描いた「不祥事」「銀行総務特命」(ともに講談社文庫)
初回放送の平均視聴率は17.2%で春ドラマ最高値をマークしている。
(追記:最終回は18.3%

 放送日  視聴率 
 04月16日17.2 %
 04月23日14.7 %
 04月30日15.4 %
 05月07日16.3 %
 05月14日13.8 %
 05月21日16.0 %
 05月28日16.0 %
 06月04日15.8 %
 06月11日16.1 %
 06月18日18.3 %
※平均16.0%

【全8編が収録】

激戦区/三番窓口/腐魚/主任検査官/荒磯の子/過払い/彼岸花/不祥事




支店の問題を解決に導く「臨店」の職務に抜テキされた主人公の舞(杏)が、銀行内の派閥などもお構いなしに、出世をあきらめた事なかれ主義のベテラン行員・相馬(上川隆也)とのコンビで、弱者のために奮闘、理不尽な相手を一喝し、不祥事を一刀両断していく痛快ストーリー。

不正を見つけたら黙っていられないが言う
「お言葉を返すようですが」が決めゼリフ。


桜#10 ついに最終回。だけど終わって欲しくない! 

前回は、
○・・・金融系では有力取引先の子弟を預かる話は、よくあるパターンだとか。だから中には、程度の差こそあれ、こんなタイプのドラ息子もいるかも。人の苦しみをわからない金持ちのどら息子に、名コンビがギャフンといわせました。いや~スッキリした第9話でしたパーーーンチ!


最終回は、そのドラ息子のオヤジも登場。
1万人の給与データ紛失。最大の危機!

○・・・舞は、新宿支店で不祥事を起こした清一郎(平岡)と遭遇。なんと清一郎は何の処分も受けずに、人事部に異動になっていたのだ。

これを知った舞は大憤慨! 
そんな折、東京第一銀行始まって以来の不祥事が発生した。

第二営業部が扱う伊丹グループの従業員1万人分の給与データが紛失してしまったのだ。

さっそく真藤(生瀬勝久)の下、主要部署の精鋭たちが集められ調査委員会が発足。
舞と相馬も調査に加わるように命じられるも、完全に場違いの雰囲気。

 『銀座再開発プロジェクト』を手掛ける伊丹グループとの関係が悪化すれば大きな取引を失ってしまうため、真藤は一刻も早いデータの発見と事態の収拾を命じる。

だが、社内をくまなく探すものの、紛失したデータは一向に見つからない。事件解決の気配が見えないことに、伊丹グループ会長・伊丹清吾(船越英一郎)も、怒りを募らせる。 

そんな中、舞と相馬は、データは紛失したのではなく悪意のある者に盗まれたのではないかと調べ始める。一方、真藤は目障りな臨店班の解体を画策していた。 

前回に引き続いて平岡祐太の憎々しい演技や、第9話では少ししか姿を見せなかった清一郎の父親で伊丹グループ会長・伊丹清吾役の船越英一郎も登場する!!




◇放送:
毎週水曜22:00~ 日本テレビ系
◇演出:南雲聖一/佐久間紀佳/鈴木勇馬
◇脚本:松田裕子/江頭美智留/梅田みか
◇原作:池井戸潤「不祥事」「銀行総務特命」(講談社文庫) 
◇音楽:菅野祐悟/得田真裕 
◇主題歌:西野カナ「We Don't Stop」(SMEレコーズ) 


放送後7日間 無料配信中 http://www.ntv.co.jp/hanasakimai/




ドラマのくわしい情報や話題は
関連記事

ドラマ 花咲舞が黙ってない

Comment

Add your comment