AKB48手帖

AKB48(NGT48/STU48)と坂道シリーズ

《ルーズヴェルト・ゲーム》最終回 瞬間視聴率20.0%!香川照之のあのシーン! 




最終回最高視聴率!



同ドラマの視聴率
(数字は以下、すべて関東地区)

初回(4月27日)=14.1%
第2話(5月4日)=11.8%
第3話(同11日)=13.7%
第4話(同18日)
=13.8% 
第5話(同25日)
=16.0% 
第6話(6月1日)=14.8% 

第7話(6月8日)=14.5%
第8話(6月15日)=14.1%
最終回(6月22日)=17.6%

公式サイト http://www.tbs.co.jp/ROOSEVELT_GAME/ 
あらすじhttp://www.tbs.co.jp/ROOSEVELT_GAME/story/


CAST 

細川充  唐沢寿明  青島製作所社長
仲本有紗  檀れい  青島製作所秘書課 社長秘書
三上文夫  石丸幹二  青島製作所総務部長 兼野球部長
沖原和也  工藤阿須加  青島製作所製造部梱包配送課
朝比奈誠  六角精児  青島製作所製造部長
大道雅臣  手塚とおる  青島製作所野球部監督
豊岡太一  児嶋一哉  青島製作所営業部長
神山謙一  山本亨  青島製作所開発部長
古賀哲  高橋和也  青島製作所 野球部マネージャー
中川篤  小須田康人  青島製作所経理部長

北大路犬彦  和田正人  青島製作所野球部員ライト
井坂耕作  須田邦裕  青島製作所野球部員キャッチャー
猿田洋之助  佐藤祐基  青島製作所野球部員ピッチャー
萬田智彦  馬場徹  青島製作所野球部員ピッチャー
松崎  大橋一三  青島製作所野球部員コーチ
鷺宮  小橋正佳  青島製作所野球部員レフト
古城  片山亨  青島製作所野球部員キャッチャー
荒井  岩間天嗣  青島製作所野球部員レフト
倉橋  北代高士  青島製作所野球部員ピッチャー
円藤  檜尾健太  青島製作所野球部員ファースト
二階堂  高良亘  青島製作所野球部員ショート
須崎  木更津与兵衛  青島製作所野球部員サード
水木  久保孝真  青島製作所野球部員キャッチャー
仁科  足木俊介  青島製作所野球部員センター
島野  大内田悠平  青島製作所野球部員セカンド
飯島健太  林剛史  青島製作所野球部員ピッチャー
新田達彦  松藤和成  青島製作所野球部員レフト
如月一磨  鈴木信之  イツワ電器野球部員ピッチャー

長門一行  マキタスポーツ  青島製作所製造部梱包配送課長
山﨑美里  広瀬アリス  青島製作所製造部梱包配送課

磯部  峰竜太  白水銀行・支店長
坂東昌彦
花房志穂  
立川談春
平井理央  
イツワ電器社長
イツワ電器社長秘書
村野三郎   森脇健児  イツワ電器野球部監督

尾藤社長  坂東三津五郎  東洋カメラ社長

諸田社長  香川照之  ジャパニクス社長

城戸志眞  ジュディ・オング  キドエステート社長


笹井小太郎  江口洋介  青島製作所専務
青島毅  山﨑努  青島製作所創業者・会長




第9話 視聴・感想

都市対抗野球大会の地区予選
敗者復活トーナメント決勝

青島製作所vs.イツワ電器!
沖原、友情の剛速球を投げ込め!
走れ、犬彦! 打て、鷺宮!



青島製作所とイツワ電器の戦いは、いよいよ東洋カメラの新機種カメラにおけるイメージセンサーのコンペで決することに。

そして、都市対抗野球大会の地区予選敗者復活トーナメント決勝。
社長の細川、会長の青島(山﨑努)や専務の笹井、秘書の有紗(檀れい)ら青島製作所の役員と社員が、一丸となって青島野球部を応援する!

(熱血青春ドラマの最終回ですよ。懐かしい!!)

その応援に応えるように青島ナインは
9回に追いついて延長の末15回に8対7で勝利!

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
 

memo
 お約束の展開で、青島とイツワの死闘は幕が降りたわけですが、話題のシーンは、物語最終盤で坂東社長との悪役コンビの“仲間割れ”が痛快に描かれ、青島製作所との争いに敗れ泣きついてきた坂東社長に、香川扮する諸田社長はとぼけた表情で「今回はね~、我が社のスマホに搭載するイメージセンサーは全て青島製作所のものを採用することにしましたあー」と棒読み口調でイツワと契約しないことを通告。

 ここから画面は、香川の顔のアップに。次第に見開いた目を充血させ、顔をピクつかせ、眉間にしわを寄せて低い声で「先日あなたとは考え方が540度(1周半)違うと申し上げたが、あなたと私の仲だ…最後にもう1周オマケしてあげよう!」と嫌みたっぷりの名文句。

そして眉毛をつり上げ、顔に怒りのしわが入りまくった表情で「あなたは900度!見誤ったんだ!ケンカを売る相手をねえ~!」と恫喝した。

 ここで午後10時0分、視聴率も瞬間最高20.0%をマークし、その後の青島製作所と野球部が新たなスタートを切る感動シーンが描かれた同10時2分にかけて同値が続いた。

なお最終回の番組平均は、これまでで最高の1
7.6%だった。
(デイリースポーツ)


↑ドラマのくわしい情報や話題は
関連記事

Comment

Add your comment