AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

女優・片山陽加の推薦状 




NOTTV「AKBのあんた、誰?」
 元プロデューサー竹中優介さん(TBS)より


片山陽加さん、
卒業おめでとうございます!!

昨晩は諸事情によりゆっくり
書けませんでしたので
あらためて書かせて頂きます。


2年前の3月、「AKB48のあんた、誰?」の
番組スポット撮影で初めてお会いし、
第一回のあん誰から2年半番組を共にした
片山さんとの思い出は語りつくせません。


今までは「AKB48の片山陽加」でしたが、
これからは「片山陽加」として
ますますの活躍をされることと思います。

先週、あん誰に片山さんの事務所の
マネージャーが観に来ている時、
片山さんがコントの名手トップリードと
即興芝居をして大爆笑をとっているのを見て
「こんなこともできるんですね・・・」
と驚いていました。まあ、普通のアイドルでは
ありえないスキルですしねw


これから片山さんと初めて仕事で
会われる方はすぐには片山さんの魅力を
わからないかもしれません。

ということで、自分が
最後に書かせて頂くのは・・・


『片山陽加さんの推薦文』

これから片山陽加さんと仕事を初めて
する人たちが、”片山陽加”と検索して
この推薦文を読んでくれるのを期待!


<片山陽加の歌声>
舞台やミュージカルも観させて頂き、
生放送で何度も歌ってもらいましたが、
本当に味のある歌声です。ちょっと
昭和くさいかもしれませんが、胸に響く音色。
一緒に演奏したプロのピアニストも
絶賛していました。さらに・・・
音楽センスも兼ね揃えています。
聞いたことがある曲ならばすぐにハモリの
パートまで覚え、ハモる時は一緒に歌う人の
声や声量に合わせて自分の声のトーンも
調整できます。一体どこで習得したのかナゾです。
声色、センス、表現力、どれも元アイドルとは
絶対に信じられない実力だと思います。

舞台やミュージカルの難しい楽曲でも、
彼女ならきっと歌いこなすことでしょう。


<片山陽加の演技・パフォーマンス>
初めて会うと、予想以上に小柄なので
びっくりするかもしれません。しかし、
舞台に立つと変貌します。芝居もダンスも
圧倒的な存在感。劇場公演を何百回も
積み重ねた彼女の”舞台力”は観る人の
目をひきつけます。
特にダンスは技術だけでない、独特な
魅力も持っています。片山さんと言えば
”高速ターン”が代名詞ですが、
それだけではありません。
ダンスの中の細かい手先の動きまで、
表現する意識が高いのです。
AKB時代、片山ファンではないけど彼女の
ダンスが好きな人はたくさんいたはずです。

踊りの技術が問われる舞台やミュージカルでも
魅力を発揮してくれると思います。



<片山陽加のプロ意識>

トークやバラエティでも魅力的です。
ちょっとしたトークや仕草、どんなに
すべっても最終的にみんなを楽しませて
くれるスベリ笑い・・・芸人顔負けです。
もしかしたら、こういったスキルは今後は
必要ないかもしれませんが、実はこれが
片山陽加の魅力を最もあらわしています。
これらのスキルは初めから備わっていた
ものではないと思います。きっと彼女が
どんな仕事にも一生懸命向き合ってきて
勝ち得たもの。歌やダンスの仕事だけでなく、
バラエティの仕事にも全力で向き合ってきた
から、このような魅力を身につけたのでしょう。
こういった姿勢は一緒に仕事をする我々に
とってどれだけありがたかったことか・・・
自分の仲間の千葉Dが昨晩、
「片山陽加ほど仕事に一生懸命な人はいない」
と熱く語っていました。本当にそう思います。
少なくとも、あんた誰の本番の中で、
彼女ほど番組のために汗を
かいてくれた人はいないです・・・
ということで・・・

 


これからも片山さんは、
どんな仕事でも、全力で
やり切ってくれることでしょう。

以上です。どうです?
一緒に仕事したいですよね?

 


ちょっと人見知りな一面もありますし
普段は(かなり)大人しいですが、
仕事では本当に頼りになります。

自分もこれからも一緒に仕事したいですし、
頑張ってそういう場を作れたらと思います。

あ、最後に・・・

あん誰スタッフは全員、
片山陽加さんが大好きでした。
こんなに愛される人、
なかなかいませんよね?


 


○筆者・・・AKB48の選抜メンバーでなかった卒業生でも、まじめにやっていれば、見ている人はどこかにいる。評価してもらえるのは、自信にもつながりますし、仕事の原動力にもなります。はーちゃん良かったね。



 

※「推薦文」は竹中さんのGoogle+より、文中の写真は、筆者が挿入。

関連記事

片山陽加

Comment

Add your comment