AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

黒服物語 最終話 黒服最期の戦い!全てを裏で操っていた黒幕がついに明らかに・・・! 




最終章「ジュリエット」、
 奇跡の逆転劇が、いま、始まるー   

金曜ナイトドラマ『黒服物語』





Final episode 
最終話 全てを裏で操っていた黒幕がついに明らかに・・・!



ウラで暗躍していたのは「銀龍会」だった。銀龍会は暴力団対策法などで激減した収入源を確保するために全国のキャバクラを牛耳ろうと動いていた。

そして、反暴力団をかかげる「ジュリエット」を潰すことで、見せしめにしようとしていた。

その事を彰は、元チーフの原田(山本裕典)から知らされる。

そう、裏切ったと思われた原田は、実は、斉藤店長の命を受け銀龍会の「デリシャス」に潜入して悪事を暴くために調べていたのだった。あの玉木の放火ビデオを送ったのも原田だった。

「一カ月で元の『ジュリエット』の売り上げを超える」という神崎会長との約束。

その約束の期日まであと一週間となり、その間に一千万円を売り上げないと『ニュージュリエット』の存続は不可能に…。

店長の斉藤はなんと『デリシャス』のスパイだった綾乃(黒川智花)を呼び戻しママに据える。杏子(佐々木希)は、いちキャストに戻され、彰は再び下っ端の黒服として働き始める。

彰が作った、顧客の好みを記したノートを手に一丸となって難局を乗り切ろうとする『ニュージュリエット』のキャストと黒服たち。

だが、新ママとなった綾乃は美樹(柏木由紀)、聖子(入山杏奈)らに理不尽な要求を繰り返し、キャストたちの不満は日に日に高まっていく。

さらに、銀龍会の構成員たちが『ニュージュリエット』の営業妨害に現れ、いよいよ存続が危うくなり……!? 

売り上げのために誰でも客として受け入れようとする綾乃。そんな時、銀龍会の石黒から「箱根に綾乃と杏子を500万円で連れてこい」と枕営業の電話が斉藤店長に入る。

売り上げのために「箱根」に行くという綾乃。彼女は、放火の罪で捕まった玉木(要潤)のために店を残そうと彼女なりに考えていた。愛する男が戻ってきた時に輝ける場所を残すため。

その枕営業を止められるのは玉木(要潤)しかいないと考えた彰は、玉木に面会に行く。

そして、玉木に全てを話す。
玉木「それをいいにわざわざ・・・、ジュリエットが大変な時に」

彰「誰かが犠牲になってまで店が残っても仕方ないですから」
「形だけあっても心がない店なら意味がないと思っているので」


玉木「参ったぜ!お前みたいな黒服いねえよ。放火なんかするんじゃなかった」


彰は、玉木の伝言をママの綾乃に伝える。

「俺はおまえが思っているような柔な男じゃない、刑期が終わったらおまえ一人ぐらい幸せにするから。」「刑が確定して差し入れが出来るようになったら俺の好きな落花生を頼む」


売り上げは、キャストらが一丸となって達成された



しかし・・・


ついにすべての黒幕が明らかに。
本当の黒幕は!!

そして、奇跡の大逆転劇が、
大ムーブメントを巻き起こす!!




柏木
紀がキャバ嬢に挑戦 !!


柏木が演じるのは遅刻、無断欠勤の常習犯で、
おまけにホストに入れあげているという
問題児キャバクラ嬢・美樹。


プライドが高く、ワガママな美樹だが、
中島演じる新人黒服の彰と出会い、
彼が担当に付いたことで改心し、

少しずつ彰に惹かれていく 

キャバクラ嬢と黒服の恋愛はご法度とされる中、
彰に想いを寄せるようになる美樹

だが当の彰はNo.1キャバクラ嬢・杏子(佐々木希)に夢中…。


彰、杏子、美樹の三角関係
どのように発展していくのか



柏木の切ない恋模様
とともに、
豪華絢爛なキャバクラを舞台に
繰り広げられる女の世界ならではの

ドロドロした争いにも注目


さらに入山も!!

入山は『ジュリエット』のキャバ嬢・聖子役を演じる。 

聖子は店では、かわいいキャラが売りだが、女同士の会話ではかなり毒舌な本性を隠し持ち、客の気を引きながらも上手くあしらう“小悪魔”キャラだ。



ナイトドラマ(深夜枠)の域を超えた
話題のCAST 


先輩黒服役に山本裕典、中尾明慶人気CASTを配するほか、
要潤、黒川智花、北村有起哉、神保悟志、
竹中直人
といった豪華俳優陣が名を連ねる


CAST

小川 彰(20)………中島健人(Sexy Zone)ランキング
医者の父を持ち、両親から医大に入ることを熱望されている浪人生。今年も受験に失敗し、3浪となる。偶然、美しいキャバクラ嬢・杏子と出会ったことで、池袋のキャバクラ「ジュリエット」で黒服として働くことに。世間知らずで甘い考えを持っているが、杏子や原田と出会い、夜の世界で生きることの厳しさを学び、次第に変わっていく・・・


杏子(26)………佐々木希ランキング
池袋のキャバクラ「ジュリエット」のNo.1キャバクラ嬢。彰の憧れの女性で、キャバ嬢仲間からも尊敬され、「ジュリエット」の象徴とも言えるカリスマ的存在。人に安らぎを与えられるこの仕事にプライドを持っている。優しいのか、冷たいのか分からないミステリアスな一面も…。彰との恋の行方は!?


美樹(22)………柏木由紀(AKB48)ランキング
彰の初の担当キャスト。無断欠勤が常習犯の問題児だったが、ある日突然、新米の彰が担当につくことになり激怒する。しかし、普通の黒服とは違う、ひた向きな彰に対して、次第に特別な感情を抱くようになり…!?


原田(28)………山本裕典
「ジュリエット」黒服のチーフ。杏子の担当で、キャバ嬢たちから絶大の信頼を得ている筋の通った男。甘っちょろい考えの彰に冷たく当たる。果たして、彰の敵か?味方か!?


裕治…中尾明慶 ←ランキング
昇…安井謙太郎 
元気…栁俊太郎 
聖子…入山杏奈 
真央…筧美和子 
明美…杉本有美 
潤…柳ゆり菜 
ミチル…福吉真璃奈 
沙弥………金田彩菜

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆
 
綾乃………黒川智花 ←ランキング
春日井……相葉裕樹 
彰の母・小川市子……中島ひろ子 
彰の父・小川義彦……神保悟志 
神崎守オーナー…北村有起哉 
玉木………要潤
市村副社長・・・ 宮川一郎太
斉藤店長…竹中直人

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

原作は『女帝』の倉科遼氏!
『女帝』『女帝 薫子』など夜の世界を舞台にした作品で定評がある倉科遼(原作)、成田マナブ(作画)が2005年から2006年まで雑誌「スーパージャンプ」に連載されていた人気コミック『黒服物語』(集英社ジャンプコミックスデラックス全4巻)。



黒服物語 第1話~最終話は▼ドラマウォーカー▼で←

『黒服物語』オフィシャルサイト



 
お手数ですが、ポチっと押していただけたらテンションMAXです。<(_ _)>
関連記事

柏木由紀 入山杏奈

Comment

Add your comment