AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

“イケメン大河” 「花燃ゆ」初回16.7%の低空発進。次回から井上真央登場! 




“イケメン大河”ともいわれる今年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の初回平均視聴率が16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかりました。

昨年の「軍師官兵衛」の初回視聴率(18.9%)を下回り、単純には比較できませんが1963年以降、89年の「春日局」(初回14.3%)、77年の「花神」(初回16.5%)に次ぐ史上3番目の低さでした。

昨年のこの時期にも書きましたが、NHKではBSプレミアでも夕方6時からO.Aしており、その数字も足して考えないと正確では有りません。

4日は帰省ラッシュと重なり、録画視聴の人も多かったのでは?と思われます。

いまの時代、録画予約・視聴ランキングなど、わかる人にはご承知のいろんな数字があるので、今後を静かに見守りたいと思います。

いまさらですが、今回の大河「花燃ゆ」は、幕末の長州藩を舞台に吉田松陰(伊勢谷友介)を兄にもつ杉文(すぎふみ=井上真央)の目を通して、幕末維新の原動力となった家族の絆と松陰の遺志をついでその志しために命を懸けた志士たちの青春群像劇です。


▼主要キャスト

文(ふみ)/演:井上真央

幼少期:山田萌々香

1843年~1921年(享年78歳)

今作の主人公。吉田松陰の妹。

15歳のときに久坂玄瑞と結婚。幕末動乱期、夫と兄を無くした文は、兄の旧知である毛利家を頼り、なんとかして幕末期を生き抜く。

明治時代に入り、兄の親友である小田村伊之助と再婚。名を「美和子」と改め、夫を支える。

吉田松陰(よしだ しょういん)/演:伊勢谷友介

通称は、吉田寅次郎(よしだ とらじろう)

出典vivi.tv

1830年~1859年(享年29歳)

松下村塾の主宰者。秀才中の秀才であり、 若き日の高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文などに勉学を施した。

叔父である玉木文之進が開いた松下村塾を引き継ぐ形で、松下村塾で師事する。これが評判となり、後の明治新政府に入閣することになる若者らが、こぞって松陰の元を訪れるようになる。

ただ、次第に過激な思想に傾いていき、1859年、江戸幕府の老中暗殺を企てたとして処刑された。

小田村伊之助(おだむら いのすけ)/演:大沢たかお

1829年~1912年(享年83歳)

長州出身。文の後の夫。吉田松陰とは仲がよく、松下村塾の立ち上げにも協力した。

高杉晋作らとともに幕末期の新政府軍を率い、小田村は主に幕府との交渉役を務めた。後に楫取素彦と改名。1876年、群馬県発足に伴い、その初代県令(現在の県知事)に任命された。

高杉晋作(たかすぎ しんさく)/演:高良健吾

出典jisin.jp

1839年~1867年(享年29歳)

松下村塾の塾生。松下村塾・四天王の1人。
久坂玄瑞とともに「双璧」と呼ばれており、
松陰からその才能を高く買われていた。

1863年に奇兵隊を結成。1865年には長州藩の実権を奪取し、長州藩として倒幕活動を展開するようになる。1867年、大政奉還まであとわずかという時期に、持病の肺結核でこの世を去った。

久坂玄瑞(くさか げんずい)/演:東出昌大

1840年~1864年(享年25歳)

松下村塾の塾生。松下村塾・四天王の1人。
松陰からは「天下の英才」と称され、高杉晋作と
ともに松下村塾の双璧とされた。のちに松陰の妹・文(役:井上真央)と結婚している。

松陰の死後、その遺志を受け継いで尊王攘夷派のリーダーとして活躍するも、1864年に亡くなった。


CAST
入江九一(いりえ くいち)/演:要潤
杉百合之助(すぎ ゆりのすけ)/演:長塚京三
杉滝(すぎ たき)/演:檀ふみ
杉梅太郎(すぎ うめたろう)/演:原田泰造
杉寿(すぎ ひさ)/演:優香
玉木文之進(たまき ぶんのしん)/演:奥田瑛二

●松下村塾
伊藤博文(いとう ひろぶみ)/演:劇団ひとり
前原一誠(まえばら いっせい)/演:佐藤隆太
寺島忠三郎(てらしま ちゅうざぶろう)/演:鈴木伸之
品川弥二郎(しながわ やじろう)/演:音尾琢真
野村靖(のむら やすし)/演:大野拓朗

●毛利家/幕府関係
周布政之助(すふ まさのすけ)/演:石丸幹二
桂小五郎(かつら こごろう)/演:東山紀之
井伊直弼(いい なおすけ)/演:高橋英樹

毛利都美子(もうり とみこ)/演:松坂慶子
毛利敬親(もうり たかちか)/演:北大路欣也



ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。


関連記事

大河ドラマ