AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

広島発の映画『ラジオの恋』矢沢永ちゃんも挿入歌で応援!! 


広島での大ヒット上映を経て、遂に全国公開へ!
挿入歌には、広島出身矢沢永吉
「トラベリン・バス」「アイ・ラヴ・ユー,OK」が!!


2015年2月21日(土)新宿武蔵野館他 
全国順次公開!

ラジオで青春時代を過ごした全ての人に贈る

ラジオへのが詰まった、心温まるファンタジー作品


中国放送アナウンサーで、バラエティー番組などでも活躍する横山雄二を主演に迎えた心­温まるファンタジー。やる気を失ったラジオパーソナリティーが、ある少女との出会いを­通して心の奥にしまった大切な何かを思い出す過程が描かれる。

監督と脚本を担当するの­は広島出身で、これまで海外でディスカバリーチャンネル・アジアなどを中心に活動して­きた時川英之。広島を舞台に、再び人生の輝きを取り戻す登場人物の姿に元気をもらう。


http://www.cinematoday.jp/movie/T0018759


地元・広島での記録的大ヒットから全国公開が決まった映画『ラジオの恋』が21日、東京で初日を迎え、新宿武蔵野館で行われた舞台あいさつに、主演を務めた広島のカリスマアナウンサー横山雄二をはじめ、共演の中野さくら、中野杏、時川英之監督が登壇しました。

シネマトゥデイによれば、ラジオが起こした小さな奇跡を描く本作の上映後、横山は「この映画が起こした一番の奇跡は、今日東京で上映できたことです」と喜びを語ったという。





【STORY】


「もうラジオなんて誰も期待してないんじゃないか・・・?」広島のラジオ局で番組を持つ、ラジオパーソナリティー横山雄二。時代の移り変わりの中、「もうラジオなんて誰も期待してないんじゃないか…?」という思いにかられる毎日。そんな彼の前にある日、「ミミ」と名乗る少女が現れる。ストーカーのように横山につきまとうミミは、横山に対し懸命にラジオの魅力を伝えようとする。ラジオに対する希望や、やりがいを見失った横山にとって、ミミの言葉はまるで心に届かない。しかし、ミミと出会ったことで、ラジオの世界に不可思議なことが起こり始めるのだった…。

【CAST】

横山雄二 中野さくら 末武 太 中野 杏 
田中卓志(アンガールズ) 山根良顕(アンガールズ)

【監督・脚本】

 時川英之


【挿入歌】

「トラべリン・バス」「アイ・ラヴ・ユー,OK」
矢沢永吉


公式サイト:radiolovefilm.com


ブログランキング・にほんブログ村へ
もし当ブログがお役に立つ事が出来ましたら
1クリックして下さると励みになります。



関連記事

映画情報 日本映画