AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

作品賞など「永遠の0」8冠 岡田准一W受賞 #日本アカデミー賞  


 第38回日本アカデミー賞授賞式 

「永遠の0」が8冠達成!


第38回日本アカデミー賞の授賞式が2月27日、東京・グランドプリンスホテル新高輪国際館パミールで行われ、興行収入87億6000万円を記録した山崎貴監督の大ヒット作「永遠の0」が、最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞など8部門を制しました。


 

同作に主演した岡田准一は最優秀主演男優賞とともに、「蜩ノ記」で最優秀助演男優賞を獲得。昨年の真木よう子につづいてのダブル受賞ですが、「男優部門」でのダブル受賞は同賞の歴史の中で史上初の快挙となりました。

「永遠の0」は、最優秀作品賞を筆頭に、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞(岡田准一)、最優秀撮影賞、最優秀照明賞、最優秀美術賞、最優秀録音賞、最優秀編集賞を戴冠。


 

作品賞を発表するために登壇した日本アカデミー賞協会の岡田裕介会長が「意外な作品です」と口にしたことから場内をどよめかせたが、大本命が栄冠を手にしました。

山崎監督は「岡田さんが怖いことを言うからドキドキしました」と苦笑いを浮かべたが、「本当に多くの人に愛していただいて嬉しいです」と安堵の面持ちで主演の岡田と握手。

そして、「日本アカデミー賞がものすごく好きなんです。というのも、この賞の存在意義は、僕らがつくるエンタテインメント作品にも光を当ててくれるということ。皆が死に物狂いでつくった作品に賞を頂けて誇りに思う。これからも監督を続けていいんだと言われた気がします」と感慨に浸った。

最優秀主演女優賞には、「紙の月」の宮沢りえが輝いた。宮沢は舞台公演のためオープニングのみの参加となったため、メガホンをとった吉田大八監督が代理でトロフィーを受け取りました。

吉田監督は、「彼女は7年ぶりの主演作でした。演劇のカレンダーはすごく早い。映画の方も、もう少し野心的な作品を持っていかないといけない。彼女がもう7年空いちゃったら、もったいないと思う」と話し、“座長”にエールをおくった。


 

受賞作品リストは下記の通り。




       
  • 最優秀作品賞:「永遠の0」   
  • 最優秀監督賞:山崎貴(「永遠の0」)      
  • 最優秀主演男優賞:岡田准一(「永遠の0」)   
  • 最優秀主演女優賞:宮沢りえ(「紙の月」)     
  •    
  • 最優秀助演男優賞:岡田准一(「蜩ノ記」)    
  • 最優秀助演女優賞:黒木華(「小さいおうち」)    
  •    
  • 最優秀脚本賞:土橋章宏(「超高速!参勤交代」)    
  • 最優秀撮影賞:柴崎幸三(「永遠の0」)    
  • 最優秀照明賞:上田なりゆき(「永遠の0」)    
  • 最優秀美術賞:上條安里(「永遠の0」)    
  • 最優秀録音賞:藤本賢一(「永遠の0」)    
  • 最優秀編集賞:宮島竜治(「永遠の0」)    
  • 最優秀音楽賞:周防義和(「舞妓はレディ」)    
  • 最優秀外国作品賞:「アナと雪の女王」    
  • 最優秀アニメーション作品賞:「STAND BY ME ドラえもん」     
  •    
  • 新人俳優賞:池松壮亮、上白石萌音、小松菜奈、登坂広臣、能年玲奈、福士蒼汰   
  • 話題賞:作品部門「るろうに剣心 京都大火編」「るろうに剣心 伝説の最期編」   
  • 話題賞:俳優部門:岡田准一(「永遠の0」) 

    記事参考[映画.com ニュース]


ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事

映画情報 真木よう子 映画祭 映画賞 宮沢りえ