AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

岩井俊二監督の 「マイリトル映画祭」24時間企画 CS日本映画専門チャンネル 

24時間まるごと岩井俊二映画祭presents
「マイリトル映画祭」
【PART1/4】



7日のよる9時から24時間にわたって企画された【24時間まるごと岩井俊二映画祭presentsマイリトル映画祭PART1/4】。
岩井監督のほぼ全フィルモグラフィーを辿るこの企画は、2015年にあと3回放送される予定だとか。楽しみですね。

第3章が録画されていなかったのが残念!
次回作は日本を舞台にした約10年振り実写映画らしいですね。



 岩井監督の煌めくような名作満載の「まるごと企画」。その1回目です。  

        
        「花とアリス殺人事件」     
        「リリイシュシュ」  
        「四月物語」     
        「friend after 3.11」     
        「オムレツ」「蟹缶」     
        「GHOST SOUP」     
        「TOWN WORKERS」     
        「生きていた信長」
 ※上は、映画祭で紹介された一部です。


【リリイ・シュシュのすべて ー ’01】

美しい映像の中に衝撃の「いじめ」を綴る作品。2001年の岩井俊二監督がネット上の小説から構想を発展させた注目作。

イジメ、万引き、暴行などの犯罪が渦巻く日常で、心に傷を負った14歳の少年少女の痛みを繊細なタッチで描く。川崎事件のニュースが報道されて、この映画を思い出した人は多いはず。


若き日の市原隼人、蒼井優、伊藤歩などが瑞々しい。
約15年たったが、今でも色あせない岩井俊二の会心作。

関連記事

岩井俊二 日本映画 黒木華 映画祭