AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

渡辺謙さん「55歳にして最大の挑戦」NYブロードウェイ主演 


俳優・渡辺謙さんが主演の1人として出演するブロードウェイミュージカル「王様と私」のプレビュー公演が行われました。



渡辺謙さんが主役の1人として出演するニューヨークのブロードウェイミュージカル「王様と私」のプレビュー公演が始まり、渡辺さんは会見で、「55歳にしては最大の挑戦だが、深いテーマ性のあるミュージカルを届けられることに喜びを感じる」と今後への意気込みを語りました。NHKなどが伝えています。

「王様と私」は1860年代のバンコクを舞台にシャム国王と国王の子供たちの家庭教師役として雇われた英国人女性の関係を描いた作品。

王様役で出演する渡辺さんは「アジアンテイストでありながら、現代的な社会問題や、ある種のレイシズム(人種差別)が残っている点などに関して深いテーマ性がある。この作品を2015年に届けられることについて、すごく喜びを感じている」と話しました。



1か月続くプレビュー公演の初日の舞台から一夜明けた13日、渡辺さんは記者会見を開き、「本当にここでショーをやっていくという実感が足元からくる一晩だった」と実際にブロードウェイで演じた感想を述べました。


これがミュージカル初挑戦という渡辺さんは、1月中旬から、ニューヨークに長期滞在して稽古に励んでいます。本公演は、来月16日から始まり、渡辺さんは、7月まで、出演することになっています。

日本人俳優がブロードウェイで主演を務めるのは、1970年に松本幸四郎さんが「ラ・マンチャの男」に出演。また、2012年には米倉涼子さんが1週間、「シカゴ」の主演を務めたということです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

舞台情報 渡辺謙