AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

AKB48ゲンソーたかみな、バースデーコンサート 


橋みなみ、「4.8」
バースデー
SOLOコンサート



 12月をメドにAKB48を卒業するAKB48“ゲンソー”こと現総監督の橋みなみが、24歳の誕生日を迎えた8日、東京・台場のZepp Tokyoで自身初のソロコンサートを行い、織田哲郎提供の新曲「孤独は傷つかない」(発売日未定)を初披露した。


デビュー曲「Jane Doe」(2013年4月発売)以来となる2ndシングルを報告した高橋。
「うれしい! ついにできたよ! 2年越しだからね」と、ロック調の新曲を熱唱した。

全曲バンド生演奏の初ライブは、
ピンクのペンライトで迎えられ、デビュー曲「Jane Doe」で幕を開けた。

同期の峯岸みなみ篠田麻里子らが客席で見守るなか
「大切な方のカバーを歌いたいと思います。ミニライブのとき泣いちゃったからリベンジ」と紹介すると、2012年8月にAKB48を卒業した盟友・前田敦子の「右肩」を情感たっぷりに歌唱した。

「はあ~山場越えたわ~」と深呼吸すると、突如「たかみなハッピーバースデー! 盛り上がってますか、皆さん!」と前田がコメント出演。

「私からのプレゼントがあります。どうぞ!」と号令をかけると、スタッフがバースデーケーキを運び入れ、前田の「それでは皆さん一緒に歌ってください」の呼びかけとともに、2600人の観客がバースデーソングを大合唱した。


続けて、「どんなにAKBでユニットシャッフルしても絶対に巡ってこない歌を歌いたいと思います。もう二度と歌いません」と紹介し、指原莉乃のデビュー曲「それでも好きだよ」を王道アイドル風に歌唱した。

歌い終わるなり、「これはだめだ。は・ず・か・し・い、まじで。指原すごいわ。けっこうえぐいよ」としきりに照れくさがっていた。 

大ファンを公言する中森明菜の「少女A」をカバーしたほか、ゲストとして登場したT.M.Revolutionの西川貴教とともに強風に吹かれながら「HOT LIMIT」を熱唱。

桜吹雪が降るなか歌ったAKB48のインディーズデビュー曲「桜の花びらたち」では「歌詞間違えちゃったけど、泣いちゃったけど、この曲が大好きです」と言い、こらえきれずにあふれる涙をぬぐった。 

アンコールならぬバースデーソングの大合唱が起き、しくしく涙をぬぐいながら登場した高橋は「私は幸せ者です」とポツリ。

アンコールまで全19曲を歌い終えてステージを去り、影ナレーションを始めてもファンの「みなみ」コールは収まることなく、「ノープラン」で再登場。

こみあげる涙をこらえると、2ndシングルを再び披露し、ファンを熱狂させた。感受性が強く、人一倍涙腺が弱い“たかみな”は、AKB48の公演やイベントで何度となく涙を流し、寂しさや悔しさ、無念さを露わにしてきた。

しかし、自身の誕生日に未来への一歩を確実に踏み出した“高橋みなみ”がこの日流した涙は、喜びと幸せにあふれていた。


橋みなみ
『未来への決起集会 ~すべてのことの前夜~』

《セットリスト》

01. Jane Doe
02. お手上げララバイ
03. 錆びたロック
04. 瞳の扉
05. 破れた羽根
06. 利己的な恋愛
07. All of you
08. 右肩(前田敦子カバー)
09. それでも好きだよ(指原莉乃カバー)
10. 少女A(中森明菜カバー)
11. 夢みる少女じゃいられない(相川七瀬カバー)
12. HOT LIMIT(T.M.Revolutionカバー)
13. ブエノスアイレスに雨が降る
14. Bird
15. 愛しさのアクセル
16. 桜の花びらたち


【アンコール】
17. 孤独は傷つかない
18. 愛の存在
19. 錆びたロック

【Wアンコール】
20. 孤独は傷つかない(新曲2回目)



記事引用:
http://www.oricon.co.jp/news/2051331/full/



ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

AKB48 高橋みなみ