AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

スマホが怖い『白ゆき姫殺人事件』 女同士の“噂”が暴走する。CSで初TV放送 




人気ミステリー作家・湊かなえ原作

『白ゆき姫殺人事件』

井上央/綾野主演




 湊作品の映画化は、『告白』('10)『北のカナリアたち』('12)以来で、
昨年夏に刊行された『白ゆき姫殺人事件』は、不可解な殺人事件を巡る
サスペンス長編。

美人会社員が惨殺された不可解な殺人事件を巡り、一人の女に疑惑の目が集まった。同僚、同級生、家族、故郷の人々。

疑惑の女の関係者たちがそれぞれ証言した驚くべき内容とは。

ネットや週刊誌報道を中心に、無責任な「噂話」広まり、彼女の人物像はますます見えなくなっていく。

果たして彼女は残忍な魔女なのか、それとも――。




主演の
井上綾野や、蓮佛美沙子、菜々緒、金子ノブアキ、貫地谷しほり、小野恵玲奈、染谷将太など
が演じる人物たちがスマートフォンを手に持ち、そこに各々の人物が思い描く主人公・美姫(井上真央)の姿が映し出されていく。

「小説すばる」での掲載と並行してWEBで関連資料がアップされるという新たな試みも話題になった作品です。

殺人事件の容疑者・城野美姫の周辺関係者などを取材する赤星雄治の職業が、原作では、フリーランスの週刊誌記者ですが、映画ではワイドショーのディレクターに変更されているような微妙な違いはありました。

キラキラした若手俳優人たちの競演も見逃せません。

『アヒルと鴨のコインロッカー』('08)、『ゴールデンスランバー』('10)の中村義洋がメガホンを取りました。


関連記事
井上真央主演、湊かなえ原作「白ゆき姫殺人事件」


ブログランキング・にほんブログ村へ

お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

映画情報 日本映画 井上真央