AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

AKB48グループで団体戦がないのはおかしい!チーム対抗戦をやろう!  


新チームでガチのチーム対抗戦を見たい!


AKB48グループもチームが増えたのだからチーム同士が対戦するガチの対抗戦が見たい。春から秋にかけてチーム間で競わせることは、新しいチャレンジとしては間違ってないと思う。

選手が変わってもタイガースファンは変わらないように、選手寿命が短く、入れ替わりの激しいアイドルでも永く人気を維持するには、チームを好きになってもらう、いわゆる “箱推し” の存在を増やすことは欠かせない。

団体戦という発想は、アイドルを応援するファンにも新鮮なアプローチでAKB48グループがチームで公演をする以上、それを究める手段としても「ペナントレース」的な発想は間違っていなかった。



失敗したのは、営業成績表みたいなややこしいポイント制が間違いだった。ファンには分かりにくかった。

ファンは、公演の熱気や完成度、取り組み方やメンバーの成長する姿を見たいのであって、あのポイント制は、営業サイドの内部資料を見ているようだった。


スポーツならルールで勝敗を決めるから勝敗は分かりやすい。でも、アイドルのパフォーマンスで優劣をつけるのは難しい。そこで提案だが、チーム間で対抗する「歌とダンスバトル」を考えてみた。

しかし、ダンスとなると芸術点を争うので、たとえば、フィギュアスケートやシンクロのように「演技の質」でポイントを競うような大会を開催して競うスタイルになる。

とりあえず「運動会」は、ここでも提案して実現した。次は「歌とダンスの団体戦」を手始めに開催してはどうだろうか?その場合、底辺を広げるためにインターネット配信は必ずして欲しい。


コンセプト



①AKBがチームで動く以上、団体戦で競う意味はある。その結果、チームの団結力が高まる。
②アーティスト精神を磨く場にもなり、ダンスのスキルアップつながる。
③ファンには、目の前でコンテスト形式の対抗戦が見られる。
④ファンの箱推しの拡大にもつながり、団体戦という違った応援の仕方も楽しめる。





 《コンテスト概要》



各チーム16名が出場し「規定演技」「フリー」に分けてチームで競い合う。

「規定演技」・・・あらかじめAKBの代表曲30曲を指定し、当日に3曲をルーレットで決め、1チーム3曲メドレーでダンスと歌を競う。

「フリー演技」・・・「規定演技」を勝ち抜いた上位のチームが、自由な楽曲で歌とダンスパフォーマンスを競う。

規定演技やフリーの審査には、各チームのMCメンバーのトークの面白さや進行の仕方(ユニークさ)などの要素も入れれば、見ているほうも飽きない。バラエティ班も活躍できる。

「審査員」は、公平性を担保するためにファン投票の割合は小さくして、各分野の専門家、コリオグラファー、音楽、演出、映像分野などの専門家や雑誌、メディア関係者を幅広く動員する。もちろん各メンバーのPRにもなる。

これを「春の陣」や「秋の陣」として開催して、そこでのポイントでチームの順位を決める。優勝チームには、海外公演+旅行とかをプレゼントしてあげれば盛り上がるのではないだろうか!?



にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ にほんブログ村 芸能ブログ SKE48へ
 
 この記事は再ポストです。



関連記事

AKB48 SKE48 NMB48 HKT48 NGT48