AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

是枝裕和監督「海街diary」がカンヌ映画祭へ出品! 


是枝裕和監督「海街diary」  
綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず出演



3人の異母姉と暮らす浅野すず(広瀬すず)の揺れる心


女優の綾瀬はるかさん、長澤まさみさん、夏帆さん、広瀬すずさんが4姉妹を演じる映画「海街diary」(是枝裕和監督)が、5月13日に仏カンヌで開幕する「第68回カンヌ国際映画祭」のコンペティション部門に出品されることが16日、分かりました。


 

是枝監督は「前作『そして父になる』が僕自身9年ぶりのコンペ出品だったので、今回また選ばれたことは、正直驚きでした。素直に嬉しいです。国際映画祭はゴールではなく、より多くの人々に映画を届ける為のスタートだと考えていますし、中でもカンヌはその出発点としては最高の場所だと思っています。四姉妹と一緒にその始まりを体感できたら、と思います。一見すると、穏やかな春の海のようなこの映画があの場所でどのように受け止められるのか? 今から楽しみです」と喜びを語っている。

映画は、2013年にマンガ大賞を受賞した吉田秋生(あきみ)さんの同名マンガが原作­。

綾瀬さん、長澤さん、夏帆さん演じる香田家の3姉妹(幸、佳乃、千佳)が、父の死を­きっかけに異母妹のすずと出会い、鎌倉でともに暮らす姿が描かれる。



映画は6月13日公開

関連記事

是枝裕和 日本映画 映画祭