AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

高橋みなみ「ミライ☆モンスター」新体操、 喜田純鈴さん #ミライモンスター  


AKB48高橋みなみと関根勤がMC
スポーツドキュメンタリー

ミライモンスター
(フジTV系:毎週日曜AM11:15~11:45)

未来を担う若きアスリートたちの汗と涙を応援する、
日本で一番“あったかいんだから~
”的な若者応援ドキュメンタリーです

さわやかなスポーツマインド満載で、
夢に向かって汗を流す若手アスリートたちのキラキラした瞳がまぶしいですね。



今回の「ミライモンスター」は、

新体操!
純鈴さんが登場!!


新体操界の「ミライ☆モンスター」純鈴(きた すみれ)さんは、14歳の中学3年生。

4歳から始め、中学1年で全日本選手権の2種目で優勝

オリンピックの特別強化選手にも選ばれている。

強化本部長の
山崎浩子さんによれば、身体能力・手具操作・表現力の3つが揃っているとのこと。純鈴さんの現在の目標は東京五輪に出ること。番組ではジュニア世界大会出場までを取材した。

香川県綾川町総合運動公園体育館で練習する新体操クラブ「エンジェルRG・カガワ日中」は約80名が所属する地元で人気の体操クラブ。元中国代表の名選手・劉宇コーチが指導している。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

女子新体操が、正式種目となったのは1984年のロサンゼルス五輪。初回大会では日本の山崎浩子選手が8位入賞。

2012年のロンドン五輪では日本代表
「フェアリージャパン」が12年ぶりに団体で決勝に進出。注目を集めた。しかし、メダルを獲得した日本人選手はこれまで誰もいない。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

純鈴さんの才能はコーチのお墨付きだが、この半年で5センチ身長が伸び、劉宇コーチは、「身長が伸び始めて筋力が追いついていない」と分析。

練習は午後3時から9時までの6時間。柔軟だけで1時間、筋トレは、みっちり1時間半行われた。その後、バレエの練習。

ハードな練習が続き、右脚に痛みが・・・


しかし、コーチからは新体操でもっとも大事なのは「演じること」。痛みを顔に出す姿に厳しい指導が続いた。


純鈴さんはその後、世界大会の選考会であるコントロールシリーズに出場。すでに世界大会への出場を決めており最終調整の場となる。

大会では同じく世界大会の出場を決めている柴山瑠選手(14)と優勝を争うことになった。

競技はフープ、ボール、クラブ、ロープの4種目(各18点満点)の合計点で争う。純鈴さんはフープの演技では、柴山さんに1.45ポイントリードしたが、苦手としているボールの演技でフィニッシュの技に失敗し大きく順位を落とす。その後の2種目でも小さなミスを引きずり、総合得点では及ばなかった。

柴山さん 56.20/72
喜田さん 55.85/72




喜田さんは、2週間後、ポルトガルで行われるジュニアの世界大会へ。
18カ国31名のトップジュニアが出場した結果。

種目別の「ロープ」で
5位に入賞しました!







今週のミラモンめし

チーム8
山梨県代表、左伴彩佳さん(14)が、甲府市の御食事処「とりいち」さんの地元産・信玄どりを使っている「鳥照り焼き重」を紹介してくれました。

関連記事

高橋みなみ ドキュメンタリー

Comment

Add your comment