AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

高橋みなみ「ミライ☆モンスター」アーチェリー川田悠希  


AKB48高橋みなみと関根勤がMC
スポーツドキュメンタリー

ミライモンスター
(フジTV系:毎週日曜AM11:15~11:45)

未来を担う若きアスリートたちの汗と涙を応援する、
日本で一番“あったかいんだから~
”的な若者応援ドキュメンタリーです

さわやかなスポーツマインド満載で、
夢に向かって汗を流す若手アスリートたちのキラキラした瞳がまぶしいですね。



今回の「ミライモンスター」は、

アーチェリー!

アーチェリー界の「ミライ☆モンスター」河田悠希(17)くん。

広島県・廿日市市の高校3年生。実はアーチェリーは金メダルの獲得こそないものの日本はメダルの常連国。そんなアーチェリーの全日本選手権で悠希くんは最年少優勝!を果たしたホープ。

1976年モントリオール 個人銀
1984年ロサンゼルス 個人銅
2004年アテネ 個人銀
2012年ロンドン 個人銀、団体銅

悠希くんの通う佐伯高等学校アーチェリー部(部員11名)には練習場はなく、歩いて30分の「佐伯国際アーチェリーランド」まで通っている。

練習は、まずウォーミングアップで3mほどの近射を行い、続いて試合と同じ距離の70mの的を狙う。悠希くんは1日およそ300本の的を撃ち、中心(黄色部分)を捉える確率は7割ぐらいだという。

悠希くんを指導するのは戸野真治コーチで、河田くんの凄さを聞くと「身体の使い方」だと語った。その凄さを知ってもらおうと70m先のリンゴを狙ってもらうことに。

目視できないほどの距離に置かれたリンゴを1射目から少しずつ近づけ4射目で命中させた。

練習後に悠希くんの自宅に訪ねると弟も出迎えてくれた。実は悠希くんは4人兄弟の長男で全員アーチェリーをしているという。女手一つで4兄弟を育てるお母さんの香織さん(42)が、働きながら毎日忙しく4兄弟を育てている。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

4月2日に静岡県つま恋で「世界選手権最終選考会」が行われた。出場するのは日本代表の6人で上位3名が世界選手権に出場できる

ルールは3日間競技(1エンド6射×24エンド×3日間)、432射の合計得点で競う。

大会1日目の悠希くんは4位で、トップはロンドン五輪の銀メダリストの古川高晴選手(30)だった。

2日目も4位で終え、迎えた最終日。前半3エンド終了で3位となる。

そして最後の4エンド。
しかし、4位の岩田歩選手(22=2013年インカレ優勝)が残り全てでパーフェクトを出し、悠希くんは4位に後退。結果は追い抜くことが出来ずに5点差で4位に終わった。

《最終結果》
1位 古川高晴(30)4067点 ロンドン五輪銀メダリスト
2位 鬼山直也(19)4018点 日本ジュニア記録保持者
3位 岩田歩 (22)3967点 2013年インカレ優勝
4位 河田悠希(17)3972点
5位 菊地栄樹(27)3965点 ロンドン五輪出場

6位 田畑隼剛(27)3908点 W杯銅メダリスト




夢を支えてくれるお母さんへの感謝を胸に
東京オリンピックを目指せ!


河田が放つ放物線は、
リオへ、そして東京五輪につづく架け橋だ!!







今週のミラモンめし

有名アスリートのイチオシ地元グルメを紹介する「ミラモンめし」
チーム8
長野県代表、近藤萌恵里さん(18)が、長野県白馬村の女子モーグル上村愛子さんも好きな「そば工房・林檎舎」さんのくるみだれ蕎麦を紹介してくれました。


にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ

関連記事

高橋みなみ ドキュメンタリー