AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

岩井俊二監督初の劇場版長編アニメがフランスの「アニメ映画祭」にノミネート 



「花とアリス殺人事件」
仏・アヌシー国際アニメーション映画祭
長編コンペティション部門に選出





岩井俊二監督が初めて手掛けた
劇場版長編アニメ
「花とアリス殺人事件」が、
世界最大級のアニメ映画祭の仏・アヌシー国際アニメーション映画祭の長編コンペティション部門に選出されました。


この映画祭には、95の国と地域から2605作の応募があり、その中からグランプリの「クリスタル賞」を選出するノミネート作品の1本として選出されたということです。これは快挙ではないでしょうか。 

MANTAN WEBによれば、映画祭は、6月15~20日(現地時間)に開催され、岩井監督が現地入りするらしいですね。

2月の公開前にこのブログでも何度か紹介しましたが、「花とアリス殺人事件」は、岩井監督が原作、脚本、監督を担当した実写映画「花とアリス」(04年)の前日譚(たん)

実写版でダブルヒロインを演じた女優の鈴木杏さんと蒼井優さんが、アニメ版でも再び同じ役の声を担当。2人が演じた有栖川徹子と荒井花の出会いなどが描かれています。

同映画祭の長編コンペティション部門では、
1993年に宮崎駿監督の
「紅の豚」
1995年に高畑勲監督の
「平成狸合戦ぽんぽこ」

がグランプリを受賞しており、

2007年には細田守監督の「時をかける少女」
2011年に原恵一監督の「カラフル」が特別賞を受賞しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。




 
関連記事

岩井俊二 日本映画 映画情報 映画祭