AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

アニメ「ど根性ガエル」初の実写化!ピョン吉の声は、京子ちゃんや梅さんは誰が!? 



吉沢やすみ「ど根性ガエル」の実写ドラマ化が決定しました。7月より毎週土曜21時から日本テレビ系にて放送されます。

主人公・ひろしを演じるのは「銭ゲバ」以来、
約6年ぶり民放連続ドラマ主演となるケンイチ

「ど根性ガエル」は1970年に週刊少年ジャンプ(集英社)で連載開始。ひろしとTシャツに張り付いてしまった平面ガエルのピョン吉を中心に、ひろしの永遠のマドンナ・京子ちゃん、番長のゴリライモ、寿司職人・梅さんら個性豊かなキャラクターが繰り広げるドタバタ人情コメディで、1972年にアニメ化されました。

リアルにマンガを読んだ層は50~60代。若い人たちに受け入れられるのか?でも、若い人のテレビ離れが進んでいるので、実はこの中高年狙いが意外と当たるかもしれません。これが当たると一気に70年代のマンガ原作ドラマが開花するかもしれません。

初の実写化となる今回のドラマは、登場人物たちの16年後の未来を描くという設定のオリジナルストーリーで展開されるらしい。30代のひろし?どんなストーリーなんだろう。

脚本は、岡田恵和氏。岡田氏はフジテレビ系やテレビ朝日系のドラマが多く、日本テレビ系では2013年の「泣くな、はらちゃん」以来の脚本を手がけることになる。

ドラマでは、14歳だったひろしが30歳になり、京子ちゃんゴリライモも、みんな大人になった2015年夏が舞台という。

ピョン吉の声とか、京子ちゃんのキャスティングもちょっと楽しみですね。

その昔「ど根性ガエル」がアニメ化された際の声優さんは、千々松幸子さん(77歳)という方でした。

年を重ねた主人公たちが、持ち前の「ど根性」だけではすべてが解決するとは限らないことを知りながらも、自分らしく戦おうとする様を描く。VFXを駆使した最新技術で動くというピョン吉の姿にも期待したい。


松山ケンイチさん(ひろし役)コメント

どんな撮影になるのか想像つかないので楽しみです。

ピョン吉はひろしにとって大事な相棒だけど、ずっと一緒だとそれが普通になっていく恐ろしさがあります。
きっとひろしもその長い間のどこかに一緒にいれることの奇跡を置いてきてしまっていると思います。
生きているとどこかで大事だと思っていたものを置いてきてしまっているという感覚は誰にでもあると思います。
これを見て何を置いてきてしまったのか思い出す人もいるだろうし、何も感じない人もいると思います。

僕はこの作品で根性というものともう一度向き合いたいと思います。

脚本・岡田惠和さんコメント

まさかのど根性ガエルドラマ化。
しかも、ひろし役は松山ケンイチさん。
最新技術で本当に動くピョン吉!
ワクワクしながら書いています。
熱くてバカだけど、笑って泣いて、力が沸いてくるようなドラマを目指したいと思います



ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。

 
関連記事

Comment

Add your comment