AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

各グループを速報値から分析 SKE48編【AKB48総選挙】 


速報値での
SKE48を見てみると「総選挙はSKE48が牽引してきた」というこれまでの歴史を認めざるを得ない結果になっています。

前田敦子や大島優子のセンター争いに目を奪われがちですが、それ以外の部分に目を配ると「実力のSKE」と言われてきた彼女たちを何とか世に出したいという名古屋の熱い叫びが聞こえてきそうな結果になっています。

WエースでSKEを支え続けてきた松井玲奈が不参加だったものの、もう一方の次世代エースの松井珠理奈はしっかりと第4位にランクイン。リクエストアワーの勢いを保ち続けています。


他にも選抜圏内には、柴田阿弥、宮澤佐江、松村香織、高柳明音も入っている。

とくに、高柳陣営は6,437票増加で、初ランクメンバーを除く増加数では柏木、たかみな、山本彩に次ぐ第4位の増加数。増加率でも230.2%もアップしている。今回が最後の選挙になるかもしれないという事から「最後に選抜入り」という思いが伝わる。

昨年選抜の須田亜香里こそ32位と少し出遅れたものの、今回の速報での最大のサプライズともいえる谷真理佳の11位もファンを驚かせた。

谷の場合、谷推し以外にもバラエティや移籍の苦労を味わいながら頑張る彼女の背中を押す「SKEの箱推し」ファンの思いが伝わってくる順位といえます。


他にも木本花音、加藤るみ、磯原杏華、石田安奈、梅本まどかなど中堅メンバーやベテラン勢も悪くない。

さらに、これまで圏外だった東李苑、江籠裕奈、北川綾巴などのプロスペクト(若手有望株)や鎌田菜月、日高優月、熊崎晴香、惣田紗莉渚、竹内彩姫などSKE48のファンでなければ名前になじみのないメンバーも顔を出している。

もちろん、速報値と最終順位には確実に変化が起こるだろうが、“総選挙のSKE48”の冠は今年も健在ということでしょうか。

にほんブログ村 芸能ブログ SKE48へ
SKE48ランキング



※リライトして再ポストした記事です。
関連記事

選抜総選挙 SKE48 斉藤真木子 矢方美紀 鎌田菜月 惣田紗莉渚