AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

いよいよ、開票。まゆゆ、指原、柏木?たかみなは何位だ!SKEの躍進も見逃せない!! 


「第7回AKB48選抜総選挙」が、いよいよ6日、福岡ヤフオク!ドームで開票される。

AKB48チームAの中村麻里子が悲願の初圏内入りするのか!中村推しにとっては、前半の7時台が注目です。

ファンによって楽しみ方はさまざまですが、一般的には、今年の注目は、なんといっても昨年1位だった渡辺麻友が史上初の連覇を果たすか、それとも一昨年1位の指原が、地元開催でトップに返り咲くかという争い。この1年間、テレビの露出は増えており期待は膨らむ。

しかし、5月20日に発表された速報では、ふたりの間、2位に柏木が割り込んだ。

新潟NGT48との兼任が決まっている柏木は、新潟票と出身県の九州・鹿児島票が期待できる。速報でも増加数1位、増加率10位という高い伸び率をマークしている。

柏木にとってセンターは悲願。 今年はついに願いが成就するのか……。

本人も「夢が目の前まで来ているので、今年は最後に名前を呼ばれたらいいな」と意欲を示している。

また、今年がラスト総選挙となる高橋みなみの順位も見どころ。

高橋といえば、1期生として加入し、総監督としてグループを引っ張ってきた最大の功労者。

それだけにファンの間では「最後くらい1位に」という機運が高まっており、「推しではないが感謝を込めて1票」という動きもあるようだ。

速報でも、昨年より1万2895票増やし、増加数2位。増加率も243%アップしている。

個人的には、SKEの躍進にも注目したい。

毎回の選挙では、団結のファンコミュニティが山を動かして、東京のAKBと肩を並べる存在に成長。エース松井珠理奈を筆頭に2期生高柳の初選抜など、何名が選抜入りするか、わくわくしながら名古屋勢の動向を見守りたい。


九州開催でHKTの勢いが止まらない


ほかにはHKT48メンバーたちの躍進ぶりも見逃せない。

兒玉遥が速報8位、宮脇咲良が12位、渕上舞が速報15位と、指原以外にも3人が16位以内にランクイン。

2011年に誕生したばかりのHKT48ですが、“神7”入りを果たすメンバーが現れてもまったくおかしくない状況。

指原が手塩にかけた“指原チルドレン”たちが、80人の圏内にどれだけ食い込んでくるかも注目だ。


上位に負けず劣らず、下位の争いも激しい。


ある程度メンバーが固定された上位に比べ、80位のボーダー付近は誰がランクインしてもおかしくない。

速報では圏外となったが、“フレッシュレモン”NMB48・市川美織、同じく藤江れいな、梅田彩佳などは確実に圏内入りすると思われる。

さらに、着々と舞台でのキャリアを積んでいるAKB48・石田晴香、若手のAKB48・小嶋真子などのメンバーたちはこのままでは終わらないだろう。

果たして栄光を手にするのは、どのメンバーか?少女たちの涙のドラマが始まった!!












にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。

関連記事

SKE48 AKB48 選抜総選挙 中村麻里子 指原莉乃 HKT48