AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

【AKB48大運動会】チーム8が優勝!SKE勢が2~4位 



AKB48グループ大運動会

東京ドームで開催



このブログでも何度も提案していたAKB48グループのチーム対抗大運動会が25日、東京ドームで無料招待の45,000人を集めて開催されました。



■最終順位

1位:チーム8(AKB)320ポイント

2位:チームS(SKE)280ポイント

3位:チームKII(SKE)260ポイント

4位:チームE(SKE)210ポイント

5位:チームBII(NMB)190ポイント

6位:チームK(AKB)100ポイント

6位:チームM(NMB)100ポイント

8位:チーム4(AKB)80ポイント

8位:チームN(NMB)80ポイント

8位:チームH(HKT)80ポイント

11位:チームA(AKB)50ポイント

11位:チームKIV(HKT)50ポイント

13位:チームB(AKB)30ポイント





国内4グループ13チームに分かれ、7種目で競った結果、AKB48のチーム8が優勝し、副賞の全員で海外旅行権をゲットしています。



AKB大運動会SKE 須田や斉藤真木子といったアスリートが揃うSKE48チームEは堂々の4位に入った!





AKB大運動会NMB

最終5位と大健闘のNMB48チームBⅡ









5月にAKB48の5チーム対抗で行われた運動会でも優勝したチーム8は、今大会も圧勝。最少の15人で臨んだチームBに対し、47都道府県選抜のチーム8は大所帯。各種目にスペシャリストを揃え臨んだ。



第1種目の50メートルダッシュで長野県代表の近藤萌恵里が優勝、第3種目の走り高跳びで鳥取県代表に中野郁美が120センチを唯一跳んで1位に。第4種目の持久走では、5月の時と同じ展開で横道侑里が独走。横道は「静岡中学駅伝」で区間2位になったほどの現役アスリート。



最終のチーム対抗リレーでは、猛追していたSKE48チームSに敗れたものの2位をキープ。安定した強さを発揮した。







最下位はAKB48のチームB。発表された瞬間、キャプテンの木崎ゆりあ、柏木由紀らはへなへなと崩れ落ちた。







チーム8が320ポイントを取ったのに対し、チームBは木崎が走り高跳びで獲得した30点のみ。中盤でNGT48がお披露目された後、チームBに助っ人として加入した北原里英は、罰ゲームの「撤収作業」を手伝わされることになり、苦笑いしていた。



AKB大運動会1 


















関連記事

AKB48 SKE48 NMB48 HKT48 NGT48 AKB48大運動会