AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

AKB48高橋みなみがNHK報道番組「クローズアップ現代」に出演 

最近の社会世相問題から注目のトレンド、人物等の情報ドキュメンタリーと解説者のトークを絡めた情報番組、NHK「クローズアップ現代」。

この日本を代表するようなオピニオン番組にAKB48総監督の高橋みなみさんがゲストとして出演しました。

国谷裕子キャスターが「AKB48の総監督として300人以上の若者のリーダーを務めている高橋みなみさん」と紹介。「私たちは“内向き”ですか?~若者たちは今~」というテーマで若者代表として“コメンテーター”を務めました。

最近の若者は、将来の不安について「自分自身への不安」よりも「国や社会全体への不安の方が多い」という意識調査結果が示され、その後に高橋さんの意見が求められた。

高橋さんは「私自身もいまはお仕事をさせてもらっていますが、将来の不安はありますね。自分が50代、60代になってどういう風に日本はなっているのだろうか、戦争は起きていないか、年金はもらえるのかなど不安に思ったことはあります」と話した。



続けて「いまの若い世代の子たちは自分の思いを話すのが苦手なコが多いと思います」と言い、「メールだとすごくきちんとした考えを持っているのですが、みんなの前で話してって言うと手を挙げない。誰かが言ってくれるのを待っている感じです。でも1対1で話すと熱い気持ちを持っているなと思います」と冷静にはっきりとした口調で話した。

また、社会の役に立ちたいと思う若者が増えているというリポート結果については

「私もアイドル活動をしていますが、何が社会の役に立っているのか考えたことはありました。AKBは東日本大震災の支援で月に一度訪問活動をしているんですけど、被災地で『ありがとう。来てくれて。若いコが来てくれると活気づくよ』と…。こういう言葉をかけてもらえて、アイドル活動が誰かのためになっているんだなって自信になりました」と社会貢献への思いを口にしていた。

番組最後には、若者がどのような場で発言すればよいか尋ねられると高橋は「私の学生の頃にもそういう場はなかった。
大人が皆で話してごらんっていう場所を作ることが大切だと思います」と持論を展開しました。

記事引用
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/09/09/kiji/K20150909011099550.html


クローズアップ現代


▼2015年9月9日(水)
▼19時30分~19時56分

将来のビジョンを議論する夏合宿には応募が殺到し、独自の発信を行うフリーペーパーの刊行数が伸びている。
「内向き」と言われながら社会と向き合い始めた若者に耳を傾ける。 

▼ゲスト
AKB48高橋みなみ
福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任研究員…開沼博

▼キャスター
国谷裕子

http://www.nhk.or.jp/gendai/





※9月5日の再ポストです。
関連記事

AKB48 高橋みなみ NHK