AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

AKB48の被災地訪問 岩手県山田町《伝説の少女たちが舞い降りた》53 

 

AKB48の被災地訪問活動 岩手県山田町


《伝説の少女たちが舞い降りた》53



21世紀の初頭、震災で傷ついた人々の心に灯りをともした少女たちがいた。

これは、その足跡の一部を記録したものです。

被災地支援活動 「誰かのためにプロジェクト」
AKBグループは2011年3月11日の震災直後に、
「誰かのために」プロジェクトを立ち上げました。

このプロジェクトで集まった義援金は約13億円を突破しています。 AKB48では、それ以外にも通園・通学の送迎用車輌を寄贈。14年からは“地域の発展”などにも重点を置いた支援活動を継続しています。♡

AKB48のメンバーとスタッフたちによる地道な復興支援活動を紹介しています。 2015年9月20日の被災地訪問は、 岩手県の山田町でした。

誰かのために150920-3 


今回のメンバーは、阿部マリアさん、込山榛香さん、佐藤七海さんです。 佐藤さんはチーム8のご当地出身です。

トークショーの後のライブ中に、突然、にわか雨が降ってきたのですが、その後、鮮やかな虹が出たということです。


誰かのために150920-4
こみちゃんのバックにきれいな虹がかかりました。

誰かのために150920-2 



山田町といえば地元の子供たちが作っているジオラマが有名です。AKB48の東北紀行をするとしたら外せない場所です。AKBのメンバー、スタッフが心と心のキャッチボールをしている町のひとつですね。


誰かのために150920-5

誰かのために150920-6

誰かのために150920-7
ジオラマの近くに飾ってあったコメント付きの貝殻。撮影は横山結衣さん(チーム8)推しのはじめさんです。


AKBグループでは、
ひと月も欠かすことなく継続して被災地を訪問しています。
トップアイドルたちを過密日程の中、
時間をこじ開けて被災地の皆さんの前へ連れて行く、
スタッフや関係者の皆さんにも頭が下がります。

NHKでもずっと紹介してくれています。


ここでも毎月紹介してきましたが、震災直後の2011年5月から岩手県大槌町、山田町を皮切りに休むことなく毎月1回、合計53回の被災地訪問(岩手・宮城・福島・新潟など)を続けています。
   
 

会場が確保できない被災地のことを考慮して自前のトラックをステージに見立てたミニライブや握手会、クリスマスイベントなどを開催しています。らぶ


 

毎年3月11日には、AKB48、SKE48、NMB48、HKT48の各劇場で
無料の「復興支援特別公演」が行われています。

「誰かのために」プロジェクト


AKB48「誰かのために」プロジェクトのWebサイトです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

AKB48のくわしい情報や話題は


関連記事

AKB48 誰かのためにプロジェクト 込山榛香 阿部マリア 川本紗矢 東日本大震災支援活動 ボランティア