AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

高橋みなみ「もう1回、レコード大賞を取りたいです…今のメンバーで取りたいな」PART1 


スポーツ紙の大手「デイリースポーツ」に掲載された高橋みなみさんのインタービューです。興味深かったので紹介します。


たかみな“最後の夢”もう一度レコ大

AKB48・高橋みなみ(24)の、旅立ちの日が迫っている。12月8日に迎えるAKB劇場デビュー10年の節目をめどに卒業することを、昨年12月に発表。ラストイヤーに全力を注いできた。1期生として、グループ総監督として積み重ねてきた10年間を振り返ると、思い出は尽きない。残りわずかとなったアイドル人生で成し遂げたい“最後の夢”とは-。

2005年12月8日、観客が7人しかいなかった秋葉原の専用劇場で迎えたデビュー公演から、間もなく10年。AKBでの青春も、いよいよラストスパートに入った。『在籍ラスト』という冠を伴う活動に取り組む日々が続く。2種類ある握手会のうち、ファンがメンバーを選べる個別握手会への参加は、10月25日に終了した。

高橋みなみ

「10年間やってきたイベントがひと区切りついたので、感慨深くて。(大島)優子に会ったとき、『個別終わったんでしょ、お疲れさま』と言ってもらえたのはうれしかったですね。握手会の大変さはメンバー同士しか分からないので。今はさみしさもワクワク感もあります。期限が決められてるから楽しめるところもありますし。これまではずっと、先が見えない中を突っ走ってきたので」

12月9日に発売される新曲「唇にBe My Baby」が高橋の卒業シングルとなり、単独センターを務めることも決まった。前田敦子、大島優子らが受け継いできた立ち位置『0』。高橋にとっては、2006年2月発売のインディーズデビュー曲「桜の花びらたち」以来の大役だ。

 「人によっては『去る者はセンターをやるなよ』と言う人もいるでしょうが、やらせていただくからには最後、本当の意味で後輩に背中を見せられる。今まで色んなセンター見てきて『あんなプレッシャーあるところに立ちたくねぇな』と思ったこともありましたが、10年間見てきたものをこのセンターにぶつけて、楽しめればいいんじゃないかな」

18日発売のベストアルバム「0と1の間」には歴代シングルをすべて収録。箸にも棒にもかからなかった少女たちが、誰もが知る人気アイドルに進化するまでの、10年の歩みが詰め込まれた。高橋も、AKBでの活動を振り返るにあたって、転機となった曲をいくつか挙げた。

つづく・・・


 にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ 

関連記事

AKB48 高橋みなみ