AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

乃木坂46生駒が語る初代センターの重圧、涙の真相は… 


生駒が語る初代センター重圧、涙真相解放感

ザ・テレビジョンの電子版が、乃木坂46初のドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」のBlu-ray・DVDの発売(11月18日)を記念して中心メンバー、生駒里奈さんにインタビューしています。

同作はオーディション時からの秘蔵映像を時系列で振り返っていき、メンバーとその母親へのインタビューを通して乃木坂46の実像に迫るもの。


インタビュー前編


――この作品はメンバーの母親の心境や知られざるエピソードがナレーションで語られていくという構成が大きな特徴の一つです。ご覧になっていかがでしたか?

私は上京して来ているので、お母さんや家族のありがたみが分かっていたはずなんですけど、自分の映像にお母さんの言葉が重なっていると「あぁ、こういうことを思ってたんだな」って、すごく気持ちが伝わりました。

これまで、ふとお母さんから「寂しいな」みたいに言われることもよくあったんですけど、仕事が大変でやっぱり自分の気持ちもザワザワしていたので、理解してあげられなかったところもあって。でもやっと最近自分も大人になって落ち着いてきて、この映画を見たときにあらためてお母さんに「ありがとう」って思いました。

――家族への取材や、実家での撮影があると知ったときはどう思われましたか?

基本、あまりお母さんも家も映してほしくないんですけど…(笑)、こういう作品がいつかあるかもしれないから、それまで取っておこうとは思っていたんです。なのでこのドキュメンタリー映画以外は映してほしくなくって、「もう、(これで)おしまい!」って気持ちで出させてもらいました。

――故郷・秋田での思い出の場所もいくつか訪れていましたね?

最近実家に帰っても、外を歩くってことはないんですよ。いつも車では出掛けますけど、お母さんには「騒ぎになったら面倒くさいから、車から出ちゃ駄目!」って言われてて。今回はカメラがあったから外を歩けて、すごい楽しかったです。でもアイドルとして行ってるはずなんですけど、カメラに映っているのはまるっきり秋田のときの自分の姿で、こんな顔で映っていいのかなって思ったんですけど(笑)。

――劇中にはオーディション時の映像もあり、まさにその「秋田のときの顔」が確認できますが、映像で振り返ってみて、ご感想は?

超~ブス!(笑)。「おしゃれっ気がなんもねぇ!」って。メンバーのみんなも「ヤバイヤバイヤバイ! 見せちゃいけない」「よく(この映像)出したね」って大騒ぎでした。あらためて冷静に見ると、やっぱり“素人”のころの顔って違いますね。

――そこまで駄目出ししますか(笑)?

いやもう、めっちゃ顔が腫れぼったいんですもん。かわいくしようなんて意識したことなかったですからね。

――でも結果的に乃木坂46に合格するだけでなく、いきなりセンターに抜てきされます。当時はどういう心境でした?

最初のころは「自分が頑張ってグループを作らなきゃ」ってよりも、「もう簡単には帰れないな」って気持ちで頑張れてたんじゃないかと思います。上京して学校も変えて、お金も掛けてきてて、「もうやるしかない」っていう思いが心のどこかにあったような気がするんです。じゃないと、できなかったと思うんですよね。

――後戻りできないと自らに言い聞かせて?

とにかくやるしかないって感じだったと思います。シングル1枚目から5枚目までの時期は目まぐるしくって、本当にあまり覚えてないんですよ。もう、F1みたいに「ファーン!」って、あっという間に過ぎて。

その時どんなことを考えていたのか、どういうふうにご飯を食べていたのか、どういうふうに暮らしてたのかすらも忘れちゃったんですよ。覚えられなかったんじゃないかな。風邪ひいて喉がすっごい荒れてても、病院に行こうって発想もできなかったぐらい、「やらなきゃやらなきゃ」って感じだったんで。

――そんな活動初期のおぼろげな記憶の中でも心に残っている、印象的な場面はありますか?

何だろうなぁ…。一番覚えてるって言ったら、6枚目の「ガールズルール」でセンターから解き放たれたときの気持ちが一番強いかなぁ。そこまではずーっと苦しいままだったんで。(心が)ギューッてなってたんで。センターじゃなくなったときの解放感はすごくて、そこからやっと「こうしよう、ああしよう」って一個一個考えて、自分の意思をちゃんと持てるようになった感じですかね。

――「ガールズルール」で自分が初めてセンターから外れたと知った生駒さんが、解放感のあまり駐車場で一人飛び跳ねているシーンはとても印象的でした。

見た方は「センターから外れたのに、なに浮かれてんだよこいつ」って思うかもしれないんですけど、でも、私はそういう人なので。別にセンターだから一番頑張らなきゃいけないっていう法律はないじゃないですか(笑)。多分そこから徐々に、「私には私のやり方、考え方があるんだ」って思い始めていったんじゃないかなぁ。

――生駒さんの知られざる思いが垣間見える一瞬だと思いました。

この映画を見て、新たな角度から生駒里奈を感じていただければなぁと思います。

nogizaka46.jpg



【後編『生駒里奈に聞く“乃木坂映画”名場面は「ななみんの涙」』へ続く】


関連記事

乃木坂46 欅坂46 映画情報 西野七瀬 白石麻衣 生駒里奈 深川麻衣 斉藤優里 斎藤ちはる