AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

泣けた!ドキュメンタリー「AKB48と日本人」ザ・ノンフィクション 

 
AKB48 中村麻里子、島田晴香に密着ドキュメント


AKB48選抜総選挙の圏外メンバー中村麻里子と島田晴香に密着したフジテレビ系ドキュメンタリー番組「ザ・ノンフィクション」(21日午後2時)がオンエアされました。

センターや選抜とは縁のないところで活動を続ける二人の姿と彼女たちを支える家族やファンの姿をカメラが追いかけるクスッと笑った後に、しんみりするドキュメンタリーでした。


AKB48ファンのジャーナリスト 田原総一朗さん

AKB48のファンであるジャーナリストの田原総一朗さんは、AKB48の魅力について「野球でいえばプロ野球じゃなくて高校野球。一塁まで全力疾走してヘッドスライディングする、この真剣さ。要するに高校野球とその応援団って感じなんですよ。これでハマっちゃった」と語る。




チームK 副キャプテン 9期生 島田

島田は、都内のワンルームマンションで1人暮らし。料理好きはファンの間でも有名。冷蔵庫の中も自炊してる雰囲気が漂う。

AKB48に入るきっかけは、中学時代に通っていた女子校でいじめを受け、胃に穴があく寸前になるまで悩んだ。そんな時にたまたまテレビで見たAKB48のオーディションを受け1発で合格。ここで仲間を見つけられたことが支えになったとふり返る。

しかし、デビュー当時は注目されたものの、この6年は圏外が続いていた。

総選挙まであと32日と迫った5月5日、アルバムを買うと好きなメンバーと2ショット写真を撮ることができるAKB48大写真会が行われていた。

去年の総選挙で1位になった渡辺麻友のレーンにはファンの大行列ができていたが、その隣の島田のレーンにはほとんどファンがいなかった。これが人気商売の厳しい現実だった。

カメラは島田が通うボクシングジムを映す。スポーツ好きの彼女は2020年の東京オリンピックへ向け、スポーツキャスターを目指している。

「圏外だからって外仕事に呼ばれないとか、そういう人になりたくないんで」と話した。




チームA 副キャプテン 9期生 中麻里子

チームA の副キャプテンで9期生の中村麻里子も島田と同じく圏外のメンバー。

千葉出身だが、大学への通学もあり、今は都内の6畳1Kの部屋で1人暮らしをしている。そうした費用は、AKB48を含む芸能活動で何とかやりくりしているという。

3年前には(梅田チームB)初日公演のメンバーを外されるという辛い経験もしていた。 チームの中でも補欠扱いだった。

中村は都内の私立大学へ一浪して入学した。進学は、保険や逃げ道などではなく、「自分の人生でやれることを全部やりたいな」という思いで選んだという。



今は劇場公演のほか、週3回スマホに配信する「AKB48のあんた、誰?」という番組のMCも担当している。

そんな時、実家では母と祖母が間近に迫った「AKB48選抜総選挙」のアピールコメントを見ていた。

AKB48のセンター渡辺麻友の再生回数は、およそ11万回。同時期に島田は5万7,000回、中村の再生回数は2万3,000回だった。

中村の母は「自虐ネタは親としては余り見たくないが、まあ本人がよければ。再生回数はいまひとつ伸びてないですね」と笑った。祖母は「ほどほどの年齢でお嫁に行ってくれたほうがいい」と話す。

そんな彼女が、補欠扱いでもAKB48の活動を必死に続ける理由は、5歳の時に別れた父親の存在があった・・・

中村は5歳の時に両親が離婚し、父親が家を出た。その頃からテレビの前で踊り、みんなの注目を集めようとする行動が多くなったという。

母は「どこかでパパが見ていてくれてるって気持ちが心の奥底にあるのかもしれない」と、彼女の意地らしい想いと切ない気持ちをつぶやいた。


AKB48 40thシングル「僕たちは戦わない」発売
そして、運命の総選挙

AKB48の投票権がついたシングル「僕たちは戦わない」が発売された。CD発売日の夜、ニコニコ生放送で「第7回AKB選抜総選挙 速報特番」が放送された。

中村は、その頃、旅番組のロケ中で、収録後にマネージャーから速報結果の表示されたスマホを手渡されると、「残念ながら私の名前はありませんでした」と他の共演者に明るく報告した。

結局、総選挙では二人とも圏外だった。


CinIZkFUkAAvji9.jpg 

総選挙を終えた中村は「全然頑張っていないですよ。もっとやれるもん。もっとやりたいし。もう22歳になっちゃうけど、アイドルって言っていいのかな」と悔し涙を流した。

一方、島田は「やっぱ悔しいですよね」と言い、同期生の永尾まりやの胸で泣いた。

田原総一朗さんは「AKBの競争の面白いところは決定的敗者がいないということ。負けても翌年、また盛り返せるチャンスがある。決定的敗者、決定的勝者がいないってところが面白い」と話した。




総選挙は、全272人の中で、ランクインは80人。約70%は圏外。でも、得票数の約75%が上位80人で占められ、残りの192人で25%。これが現実です。

2人は、総選挙で「私たちの世代に力を貸してください」と泣きながら訴えた島崎遥香や次期総監督に任命された横山由依と同期生だ。

スポットライトを浴びることが多い島崎、横山と違い「圏外組み」でも腐らずに活動してきた頑張り屋さん。チヤホヤされる選抜組みや若手の有望株を横目に、悔しさを胸にしまって、さまざまな活動に挑戦してきた。

新体制では中村はチームA副キャプテン、島田もチームK副キャプテンに任命された。そんな苦労人の2人を番組側が「視聴者の琴線にも触れるはず」と判断したという。

確かに大多数の日本人が、中村麻里子や島田晴香のように決して陽の当たる存在でなくても懸命に歯を食いしばって生きている。


○・・・大学での麻里子さんや電車を待つ姿、劇場でのバックヤードの風景、家族の表情、島田さんは冷蔵庫の中まで、ファンからすれば永久保存版の貴重な映像でした。麻里子さんの流す涙に胸が騒ぎました。

やっぱり、AKB48はファンが純粋で、いい人が多い。自分の事だけではなくて誰かを応援している人たちを見るのは気持ちがいい。

このドキュメンタリーは見る人のAKB48に対するスタンスや中村、島田に対する距離感で捉え方が変わると思いますが、個人的には、ちょっと切ない感じのドキュメンタリーでした。




にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ

AKB48ランキング

お手数ですが、ポチっとお願いします。


関連記事

AKB48 中村麻里子 島田晴香 サンテレビ