AKB48手帖

AKB48グループ・Team8・乃木坂46・欅坂46

AKB48「9つの窓」オムニバス短編映画 舞台あいさつ 

オムニバス短編映画「9つの窓」
舞台あいさつ
1.30ブリリアショートショートシアター


アイドルグループ・AKB48が主演する短編オムニバス映画『9つの窓』の舞台挨拶が30日、横浜・ブリリア ショートショート シアターで開催され、キャストの横山由依北原里英宮澤佐江入山杏奈木﨑ゆりあ中西智代梨茂木忍、江籠裕奈らが登壇した。


グループ総監督の横山は「(この作品を通して)AKB48のことをもっと好きになってもらえるはず。いろいろなAKBを見てほしい」と観客に呼び掛けた。

「9つの窓」は、国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」とAKB48グループのコラボレーション企画。

9人のメンバーがそれぞれ主役を務める10分の短編映画が9本製作された。

CZ3G3SIWcAA1prJ.jpg


木崎ゆりあ(AKB48)は「一度で9回おいしい」とPRし、中西智代梨(同)も「一つ一つ(の作風)が全く違うので、気持ちを切り替えて楽しめるはず」とアピールした。

さらに、北原は「短編映画にはまった。その魅力が伝われば」とコメント。

江籠裕奈(SKE48)は「アイドルとして歌って踊る姿とは違う私たちを見てもらえたら」と期待を込めた。

横山はこの日、主演作「漁船の光」で初恋の相手役だった大野拓朗と再会した。

「監督がいないのに、大野さんに『監督、緊張するよ』と声を掛けられた。私が総監督になって初めて会ったので、そう言われて。ドキっとした」と舞台裏でのエピソードを披露。

大野が「久しぶりに会って、ますますきれいになった。改めて初恋だなと(感じた)」と語ると、横山は「本当に恥ずかしい…」と照れていた。

CZ3G3SBWwAEHZju.jpg 

一方、メンバーは「かっこよく成長した初恋の人が現れたらどう思う?」との質問を受けた。

これに対し、入山杏奈AKB48)は「何も思わない」と応じ、茂木忍(同)は「『逃した魚は大きかった』と後悔すると思う」。

宮澤佐江(SNH48兼SKE48)は「好きだったと告白する」と答えた。

また、15歳の江籠は「『初恋』と言われてもピンと来ないけれど、一度好きになった人なら恥ずかしくて会話ができないと思う」と話していた。





「9つの窓」は30日から横浜市の「ブリリアショートショートシアター」で先行上映され、2月6日から全国で順次公開される。




d6ceec45.jpg 




『9つの窓』は国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジアとAKB48グループがコラボし製作された1作10分×9作品のショートフィルムによるオムニバス映画。1作品につきAKB48グループから1名が出演する。


舞台挨拶には宮澤佐江北原里英横山由依入山杏奈木﨑ゆりあ茂木忍中西智代梨、江籠裕奈の8人に加え、『漁船の光』に出演した大野拓朗、『回想電車』に出演した小池亮介、そして主題歌を担当したThinking Dogsが登壇した。(兒玉遥欠席)








にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ


関連記事

AKB48 横山由依 木﨑ゆりあ 中西智代梨 宮澤佐江 北原里英 入山杏奈 茂木忍