AKB48手帖

AKB48(NGT48/STU48)と坂道シリーズ

真田丸、BSで“異例”の高視聴率をマーク 


三谷幸喜さんの脚本で俳優の堺雅人さんが主演するNHK大河ドラマ『真田丸』がBSプレミアムで好調な視聴率を記録している。

地上波より一足早い夕方の6時からオンエアしているBSプレミアムでは、初回から3%以上をキープしており、7日放送の第5回は平均視聴率4.5%をマーク。

NHKの関係者は「BSの視聴率は3%でいい方。4.5%は異例の高さ」と驚きを語っている。

地上波のNHK総合での平均視聴率は、
初回が19.9%を記録し、
第2回が20.1%、
第3回が18.3%、
第4回が17.8%、
第5回が19.0%を記録。

近年の大河ドラマは視聴率で苦戦しているなどという声もある中、1月17日放送の第2回は13年放送の「八重の桜」以来、大河ドラマでは3年ぶりに視聴率20%の大台に乗せ各メディアが注目し、ニュースにもなった。

BSプレミアムの視聴率は、
初回が3.3%、
第2回が3.3%、
第3回が3.5%、
第4回が3.9%、
第5回が4.5%を記録。

地上波よりも2時間早い「日曜午後6時」から放送されているBSプレミアムが好調なのは、まんたんウェブなどによればコアなファンが多いということも考えられるという。

p-mainimage.png


『真田丸』は、第2回放送で半世紀以上にわたって大河ドラマの殺陣師として活躍し、昨年10月に亡くなった林邦史朗(はやし・くにしろう)さんが武田信玄役で登場し、最後のシーンで信玄は鋭いまなざしで昌幸を見つめるのみで、せりふもないにもかかわらず、ネットを中心に「信玄を演じたのは誰だ?」などと話題になるなど、林さんの圧倒的な存在感が画面から伝わった。

同ドラマは、堺さんが真田幸村の名でも知られている戦国時代の人気武将・真田信繁を演じ、戦国時代に信州の小さな領主のもとに生まれた信繁が、家族とともに知恵と勇気と努力で乱世を生き抜く姿が描かれる。

映画監督・演出家・脚本家の三谷幸喜さんが2004年放送の「新選組!」以来、12年ぶりに大河ドラマの脚本を手がけている。NHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。


○記事参考
http://mantan-web.jp/2016/01/23/20160122dog00m200032000c.html





にほんブログ村 芸能ブログへ
お手数ですが、ポチっとお願いします。

関連記事

三谷幸喜 大河ドラマ NHK 真田丸 堺雅人 鈴木京香 真田幸村