AKB48手帖

AKB48(NGT48/STU48)と坂道シリーズ

AKB48「復興支援特別公演」を開催、メンバーの想い 


東日本大震災から丸5年が経過した11日、AKB48グループが各グループの劇場で「東日本大震災復興支援特別公演」を開催した。


公演では最初に東京・秋葉原のAKB48劇場と他の国内4劇場をつないで中継。AKB48が総勢63名。SKE48が62名。NMB48が51名。新しく発足したNGT48も含めて5グループ総勢238人で復興応援ソング「掌が語ること」を祈りを込めて合唱した。



九州博多のHKT48では、指原莉乃、田中菜津美、矢吹奈子、岩花詩乃、宮脇咲良、筒井莉子(研究生)が欠席したが、ほかの39名が参加。全14曲を歌い上げた。



各劇場でメンバー達は、地震が発生した午後2時46分にステージで黙とうしたという。


秋葉原のAKB劇場でのライブ終盤では、15日にAKBを卒業する宮城県仙台市出身の岩田華怜(17)がスピーチ。

「私は5年前、仙台市内の自宅で震災を経験しました。その時、私は12期研究生オーディションの最中で、AKBに入ることをあきらめたけど、ずっとスタッフさんがオーディションを延期にするからと待っててくれて。公衆電話で一瞬だけつながった時、そう言ってくれたことを今でも覚えています」と当時の様子を振り返った。

ここでも毎月紹介してきたが、AKB48グループは、震災から2か月後の2011年5月に「誰かのためにプロジェクト」を立ち上げた。

義援金の寄付などのほかに毎月1回、被災地を訪れる活動を続け、6日に59回目のライブを盛岡市の岩手県民会館で行ったばかりだ。

岩田は「どんなに寒くて、雪が降っていても被災地訪問を続けてくれたメンバー、東北と私たちをつなぎ留めてくれたスタッフ、東北に温かい声援を送ってくれたファンのみなさん、ありがとうございました。私は卒業しますけど、またみなさんの力を借りながら、支援活動を続けていきたい。これからも力を貸してください」と頭を下げた。


















ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ にほんブログ村 芸能ブログ NMB48へ

 

関連記事

AKB48 HKT48 東日本大震災支援活動 SKE48 NMB48 NGT48 誰かのためにプロジェクト ボランティア