AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

欅坂46、乃木坂46も全国握手会で「熊本地震」の募金を呼びかける 

乃木坂46の“妹分”アイドルグループ「欅坂(けやきざか)46」が17日、千葉・幕張メッセで初の全国握手会を行った。

会場には熊本地震への義援金の募金箱も設置。

メンバーを代表して菅井友香さん(20)が声を詰まらせながら
「最初に皆さんにお伝えしたいことがあります。
熊本県で大規模な地震が発生しました。
被害にあわれた皆さまにお見舞い申し上げます。
何かできないかメンバーで考え、
本日は出入り口に募金箱を設置させていただきました。
ぜひ皆さまご協力、よろしくお願いします」
と呼びかけると、会場から温かい拍手が起こった。

20160321-keyaki-thumb-950x633-23643.jpg


AKB48グループは東日本大震災の復興支援活動「誰かのためにプロジェクト」を継続している。

毎月1回の被災地訪問を今も続けており、イベント、楽曲の収益の総額13億円以上(13年3月発表分)を被災地に寄付、今年も3月には岩手県民会館に被災者の方々を無料招待して復興支援コンサートを開催した。

「大所帯グループでファンの数も多いし、特に若い世代にとって人気アイドルグループは影響力がある。こうした支援活動の持つ意味は大きいですね」(芸能関係者)

この日は“先輩”乃木坂46も幕張メッセの別会場で全国握手会を開催。同じくメンバー、スタッフらが熊本地震の募金を呼びかけていた。

芸能関係者によれば乃木坂も欅坂も責任者のトップ自らが頭を下げ、必死に募金を呼びかけていたという。それは、ファンにも有名な人物だけに、好意的に受け取られていた。

「その後、自主的に時間の空いたメンバーも加わり『ありがとうございます!』と一人ひとりのファンに頭を下げていた。気づいたファンもSNS等で『疲れてるだろうに…』と心を打たれ、『みんなで募金しよう』と呼びかけ合う姿も見られた」(前同)

今後も継続した支援活動を続けて欲しい。


関連記事

欅坂46 乃木坂46 AKB48 平手友梨奈 長濱ねる 守屋茜 今泉佑唯 渡邉理佐