AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

面白い!涙が止まらない!絶賛の声、続々「センチュリープラント2016」 

東京・下北沢駅前劇場で上演されている『センチュリープラント2016』が好評だ。

同舞台は、元芸人で現在は脚本家・演出家・放送作家として活躍する西条みつとしが主宰するエンターテイメント集団“TAIYO MAGIC FILM”が手掛ける作品。

主演は小野真弓が務め、AKB48・中村麻里子、ライブ動画ストリーミングプラットフォーム「SHOWROOM」のオーディションで選出された左羽由梨佳らが出演している。

秀逸なストーリーや俳優たちの熱のこもった演技から、「同期である中村麻里子が舞台女優として輝いている姿に心打たれました。」(島崎遥香)、「すごく丁寧な作品で目を話すことなく 耳を傾けて釘付けで、ずーっと泣きっぱなしでした。泣きの間に自分を慰めてくれるかのように笑いが入ってきてすごいなぁ、、」(永尾まりや)など、感激したAKBメンバーたちもSNSで感想を語っている。

期間は6月5日(日)まで。


akb16052805010002-p4.jpg


❏ 出演者コメント

主演の小真弓

今回あることに初挑戦しておりまして、新しい私をみていただけると思います。この作品、色んなストーリーが絶妙に絡み合って、色々リンクしていく場所があるので、ぜひ何度もみて、色んな発見をしていただけたらと思います。


中村麻子(AKB48)

普段、AKB48のメンバーとして活動しているので、中村麻里子として舞台に立つ機会は自分にとって大きなチャンスです。その中でどれだけたくさんのことを吸収できるかが、自分自身への課題・挑戦と感じています。今回自分にとって『センチュリープラント2016』が二度目の舞台出演で、経験値こそ低いかもしれませんが、TAIYO MAGIC FILMの中で一番最高の舞台を作るため、日々のお稽古に挑んでます。この熱を、熱さを、共演者一同下北沢駅前劇場でぶつけますので、ぜひ足を運んで頂ければと思います!


センチュリープラント2016 


❏ 来場者のコメント














関連記事

中村麻里子 AKB48 舞台情報