AKB48手帖

AKB48グループ・乃木坂46・欅坂46 etc.

AKB48と乃木坂46、セールス「来春」逆転で激震が走る?! 

ここでもすでに紹介したが、AKB48の46枚目のシングルが11月16日に発売される。選抜メンバーは22人。このメンバーたちがAKB的には年末にかけての音楽番組の顔になる。

センターポジションは島崎遥香。昨年5月発売の「僕たちは戦わない」以来、1年半ぶりのセンターとなる。

また、AKB48込山榛香、チーム8小栗有以、HKT48松岡はな、NGT48中井りかの4人が、初めて選抜入りを果たした。各グループ期待のプロスペクト(若手有望株)で、こちらも嬉しくなった。

その一方で、今年の選抜総選挙で7位のSKE48須田亜香里や10位のAKB48武藤十夢らが外された。SKEやNMBが1人だったことを考えるとHKT48が4人入ったことも兼任メンバーが多いとはいえ異例のように感じる。

12位だったNGT48北原里英も外れたが、その代わり中井りかが初めて入った。苦渋の決断で、後進に道を譲ったのかもしれない。

こういう場合は納得できる。それを考えるとHKT48も指原莉乃を外して若手を入れてくるなら筋が通った人選といえるが、さすがに総選挙2連覇の彼女を外せない現状が見え隠れする。

どんな組織もそうだが、世代交代、新旧交代は組織の盛衰にも影響する難しい問題だ。

60145549.jpeg


急迫する乃木坂46

ライバル乃木坂46がセールス80万枚を超えた。次の次、AKBでいえば春シングルあたりで、ひょっとすると乃木坂と逆転するかもしれない。

過去を見れば高橋みなみ最後のシングルが、まさかの初動80万枚台で、やっとミリオンに到達した。それに危機感を持ったAKB運営が春シングルでは10周年という名目で、前田敦子や板野友美といったレジェンドを動員してミリオンをクリアした。

今回は、ニッカンスポーツが島崎の「ぱるるラストシングル説」を流したが、17年春のシングルは話題がない。あるとすれば小嶋陽菜の「卒業イベント」からのラストシングルぐらいだろう。

表題曲はおもいきって若手を登用して、こじはる「ソロ」、指原「ソロ」、渡辺麻友「ソロ」、山本彩「ソロ」をカップリングに入れるとか、選抜メンバー全員のショートムービーをつけるとか、何かを仕掛けなければミリオン達成はおぼつかない気がする。

草創期のパワーあふれたメンバーたちが去って、10年を過ぎたグループが「人材育成」と「鮮度」を重視した戦略に打って出ないと乃木坂の急迫には対抗できない。

何度も言うが、世代交代は難しい。グループがいろんな意味で大きくなればなるほど急激にはできないのもわかる。

2017年は本当の意味での『ライバル対決』という構図が考えられる。その場合、初期メンが充実期を迎えた乃木坂に対抗するにはどんな手を打ってくるのか?アイドルシーンに激震が走るのか?果たして「逆転の日」は来るのか!

追いかける方が勢いが増すのは言うまでもない。

AKB48劇場

【46thシングル選抜メンバー】

指原莉乃
柏木由紀
山本 彩
渡辺麻友
小嶋陽菜
宮脇咲良
松井珠理奈
横山由依
兒玉 遥
入山杏奈
加藤玲奈
向井地美音
岡田奈々
小嶋真子
木﨑ゆりあ
高橋朱里
川本紗矢
込山榛香
松岡はな
小栗有以
中井りか

グループ別ではHKTが4人、SKE、NMB、NGT、チーム8が1人、AKB48が14人の計22人。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ

関連記事

AKB48 乃木坂46 SKE48 NMB48 NGT48 HKT48 チーム8