AKB48手帖

AKB48(NGT48/STU48)と坂道シリーズ

AKB48と乃木坂46が逆転する日 2017年春、それとも秋 

急迫する乃木坂人気


 AKB48のライバル、乃木坂46がセールス80万枚を超えた。次の次、AKBでいえば春シングルあたりで、乃木坂と逆転する、その日がやってくるかもしれない。

 過去をふり返れば高橋みなみのラストシングルが、まさかの初動80万枚台で、やっとミリオンに到達した。それに危機感を持ったAKB運営が春シングルでは10周年という名目で、前田敦子や板野友美といったレジェンドを動員してミリオンをクリアした。

 今回は、「AKB新聞」でつながりの深いニッカンスポーツが島崎の「ぱるるラストシングル説」を早々と流し、閉店セール的な部分もあって売れるかもしれないが、17年春のシングルは話題がない。あるとすれば小嶋陽菜の「卒業イベント」からのラストシングルぐらいだろう。

AKB48劇場

 表題曲はおもいきって若手を登用して、こじはる「ソロ」、指原「ソロ」、渡辺麻友「ソロ」、山本彩「ソロ」をカップリングに入れるとか、選抜メンバー全員のショートムービーをつけるとか、思い切った何かを仕掛けなければミリオン達成はおぼつかない気がする。

 草創期のパワーあふれた初期メンたちが去って、10年を過ぎたグループが「人材育成」と「鮮度」を重視した戦略に打って出ないと乃木坂の急迫には対抗できない。


■度重なるスキャンダルによるイメージダウン

 相次ぐスキャンダルも足をひぱってイメージは悪くなる一方だ。何度も言うが、世代交代は難しい。グループがいろんな意味で大きくなればなるほど急激にはできないのもわかる。

 2017年は本当の意味での『ライバル対決』という構図が考えられる。その場合、初期メンが充実期を迎えた乃木坂に対抗するにはどんな手を打ってくるのか?アイドルシーンに激震が走るのか?果たして「逆転の日」は来るのか!

追いかける方が勢いが増すのは言うまでもない。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ



関連記事

AKB48 乃木坂46