AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

STU48(瀬戸内48)は船上劇場で、アイドルの戦場に出航!誰がキャプテン? 

 

「AKB48グループじゃんけん大会」が10日、兵庫・神戸ワールド記念ホールで行われ、AKB48グループが来夏、瀬戸内7県を活動舞台とする「STU48」(瀬戸内48)を発足させることがサプライズ発表された。

「船上劇場」とうたったSTU48。新グループは一体、どんな形となるのか?東京スポーツでこんな記事が載っていたので紹介したい。

(以下、東スポ抜粋)

じゃんけん大会が幕を下ろした直後、ステージのモニターに「特報」の文字が現れた。

日本地図が映し出され、これまで新グループ誕生がささやかれてきた「那覇」「仙台」「札幌」がクローズアップ。
しかし、それはフェイントだった。

瀬戸内地方の山口、広島、岡山、兵庫、愛媛、香川、徳島の7県が線で結ばれ、「今度の劇場は都市ではない」との文字に続き、「瀬戸内7県を舞台にした船上劇場だ!」「2017年夏STU48出航!!」と発表された。


ac153e34.png


AKB48グループ総監督の横山由依(23)は「STU48が出航ということで、また新しい姉妹グループができるということになりましたが、みなさん、応援してくれますか!」と呼びかけた。

STU48結成についてAKB関係者は「ずっと各自治体、企業などデベロッパーからは48グループ結成のオファーはあったようです」と語る。

恒例イベント・じゃんけん大会が初めて首都圏を離れ、兵庫・神戸で開催されたことで、瀬戸内のファンの注目も集めたはず。
だからこそ、このタイミングでの発表だった。

「昨年8月、約80万人の新潟市にNGT48が誕生したが、NGT誕生前から愛媛・松山市からも熱心なオファーがあった。
ただ、四国地方で最大の人口を誇る松山は50万人ちょっと、120万人近い広島市があるが、どの程度のアイドル需要があるかは未知数です。運営リスクの分散、収益を考える上でも“瀬戸内”で共同して運営していく必要があったのでしょう」(前同)

告知に「瀬戸内7県を舞台にした船上劇場」とうたわれているように、STU48劇場を備えた船で、瀬戸内の各都市を回っていく形になるという。

「今も水面下で札幌、那覇、仙台などの都市で計画は進んでいますが、やはり専用劇場を持ったアイドルグループを運営していくことは大変ですからね」(AKB関係者)

海外姉妹グループも続々と誕生しているが、AKB48グループの新たな形態といえるだろう。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

考えてみれば、「サンフラワー」クラスでも約800人から1000人クラスのキャパはあって、その中に250人や300人キャパの劇場ならつくれるかも。横浜とか沖縄とか、どこでも行ける。上手くいけば東北の被災地訪問とかも船で行ける。

AKB48グループで、SKE48NMB48チーム8なども船内ステージを使うこともできるわけで、そう考えれば成功して欲しい気がする。というか乗ってみたい。各チームが年間3ステージぐらいしてもおもしろい。

誰がキャプテンで行くのかも気になる。兼任で選抜クラスも誰が行くのか?ちょっと楽しくなってきた


http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/603766/

にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ


AKB48 ブログランキングへ


関連記事

AKB48 SKE48 NMB48 NGT48 HKT48 STU48 中村麻里子 広島