AKB48手帖

AKB48(NGT48/STU48)と坂道シリーズ

劇場版アニメ「君の名は。」興収164億円で邦画歴代5位に「ポニョ」超え  


  大ヒット中の劇場版アニメ「君の名は。」(新海誠監督)の累計興行収入が、8月26日の公開から10月23日(24日付)で、164億円を突破したことが24日、明らかになった。

 

複数のメディアによれば「崖の上のポニョ」(2008年、宮崎駿監督)が記録した155億円、「アバター」(2009年、ジェームズ・キャメロン監督)の156億円を超え、邦画の歴代興行収入ランキングで5位、全体でも9位に入った。

 

59日間での累計興行収入は約164億1000万円、累計動員数は1260万8655人で、22、23日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)では9週連続で首位を獲得している。

 


  東京に住む男子高校生と、山深い田舎町に住む女子高校生の恋と奇跡を描いた物語。1000年ぶりとなる彗星の来訪を1カ月後に控えた日本を舞台に、山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉と東京で暮らす男子高校生の瀧が、入れ替わってしまう……というストーリー。

 

劇場版アニメ「秒速5センチメートル」などで知られる新海誠監督は、以前にインタビューで、登場する田舎町は、岐阜・飛驒の架空の町に設定したことを明かしている。

 

「神秘的な雰囲気と、知られざる歴史を積み重ねてきたような場所というイメージで選んだ。あとはストーリー上、東京から、遠すぎず、近すぎずという距離感」と、飛驒を舞台に選んだ理由を明かしている。

 

  新海監督の作品は、綿密で美しい風景の描写が特長の一つ。今作でも東京の街並み、飛驒の風景が綿密に描かれている。作品には海外のファンも多く、先月、米国ロサンゼルスで行われたワールドプレミアでは約3400人の観客が5分を超えるスタンディングオベーションも行ったことも話題になった。

 

 



ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事

映画情報