AKB48手帖

AKB48グループ・Team8・乃木坂46・欅坂46

トランプ夫人って整形?美容整形のカリスマ高須克弥院長が答える 



「トランプ当選を予言した」という数少ないひとりが、高須クリニックの高須克弥院長。 


 一貫して「トランプ支持」を公言していた高須院長が、トランプ夫人の整形疑惑に解説した「女子SPA!」のインタビューがオモシロかったので紹介します。


  メラニアさん本人は「整形もボトックスもしてない」 


今回、反トランプ派のなかには、夫人のメラニアさん(46歳)を嫌う人もかなりいた模様です。「メラニアがファーストレディ? ありえない!」と。 


 メラニアさんはスロベニア出身の元モデルで、トランプ氏のプライベートジェット内で撮ったヌードグラビア(2000年『GQ』誌に掲載)が選挙戦でバラまかれるなど、破格のファーストレディです。


 また、あの人造人間ぽい容姿も注目の的。アメリカのゴシップメディアは「整形疑惑」を書き立てましたが、ご本人は「美容整形もボトックスもやってない」と否定しています(2016年4月、「GQ」のインタビュー)。







ほんとかなぁ? そこで高須克弥院長に見解を聞いてみました。 

あれは女子プロレスラーの悪役メイクみたいなもの 

――メラニア夫人の整形疑惑がささやかれていますが、院長から見てどうですか? 


 「上手に化けてるよね。でも、昔と今の写真を見ても、顔のつくりはあんまり変わってないね。化粧が濃くなっただけじゃないかなあ」


 ――では、あの「つくりもの」っぽさは、メイクのせいだと。 


 「もっと薄い化粧にしたほうが、選挙では好感度高かったんだろうけどね。

でも、トランプは初めからヒール=憎まれ役で票をとったんだから、奥さんもああいうケバい感じのほうがいいかもしれないよ。

清楚に見せたければ、いくらでもできるわけでしょ。でも、あのケバい感じにしてたのは、お父ちゃんの方針ってことでやってたのかも」 


 ――たしかに奥さんもヒールっぽい。 


 「トランプを見てると、ほんとプロレスラーみたいだなあと思うの。完全にボブ・サップのタイプだよ。リングに上がったとたんにケダモノになるんだけど、リングを降りるとけっこう紳士だという…。

だから、奥さんも、ああいう女子プロレスみたいなキャラがいいんだよ。女子プロレスでは、ああいうヒールって根強いファンがいるんですよ」 



 【高須克弥氏・プロフィール】


 1945年生まれ、医学博士。高須クリニック院長で美容外科の第一人者。日本では売名行為と誤解されがちだが高須院長のフィランソロピー(慈善活動)は有名。


  阪神・淡路大震災では、罹災者の外傷痕の美容形成治療を一年間完全無料で実施し、被災地に7000万円を寄付した。2011年(平成23年)8月9日、 慈善活動のために高須克弥記念財団を設立。当面の資金として10億円を拠出した。

 


高須院長 


 
 東日本大震災の義援活動として「高須クリニック赤坂院」において被災された方の治療を1年間無料で行うなど社会貢献活動を行い、震災遺児を応援する「毎日希望奨学金」に1000万円を寄付した。

 さらに、東日本大震災では、私財を車に詰め、宮城県石巻市等で救援活動を行っている。
 

高須院長といえばヘリコプターで登場するシーンが有名だが、震災時もヘリコプターを借りて被災地に救援物資を輸送しようとしたが、全国すべてのヘリコプターがマスコミの取材用に占有されてしまい、救援に使うことができなかった。このことを度々マスコミに抗議している。


 つぎに発生した熊本地震では、ヘリコプターをチャーターして病院などに救援物資3トンを空輸した。




高須院長 

 

 頭が下がるのは、これまで数々のマイナースポーツを支援。


女子アイスホッケーは有名だが、リオデジャネイロオリンピックのサッカー男子ナイジェリア代表が協会から出場給与の未払いなどを理由に、試合をボイコットしようとした騒動でも代表選手たちに20万ドルの支援を表明。 


  銅メダルをとったナイジェリア五輪代表に試合後、現地に行って小切手で100万円ずつ手渡した(合計で3900万円)。


ブラジル入り後はナイジェリア大使館が用意した装甲車で移動し、警官が院長の警備を行ったという。


  高尚なことを言って解説する評論家は多いが、“夢をもって一生懸命な人たち”や困ってる人たちに実際に行動して手を差し伸べることができる活動家だ。 




にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ 


にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ



関連記事

ボランティア 東日本大震災支援活動