AKB48手帖

AKB48(NGT48/STU48)と坂道シリーズ

『タンポポの決心』AKB48の心にしみる名曲 

 
再UPします。2013年4月以来の再upです。


 タンポポの決心


線路脇にタンポポが
咲いていた
永かった冬が終わり
待ちわびた
春が来たんだ
陽射しの道を歩き
恋でもしようか


通いなれたはずの
いつもの通学路
昨日までの僕と
どこかが違うよ


俯いていた季節
風も向きを変えて
人はいつだって
生まれかわれるさ


こんな場所にタンポポが
咲くなんて
生命力の強さと
ひたむきさ
教えられたよ

なぜか目頭が熱くて・・・
夢や希望や未来は
ここにある
雑草の中の命は
逞しく
育っていくよ
日陰もいつの日にか
日向(ひなた)になるんだ


ほんの少しだけの不運を
嘆いてた
休みがちな僕が
恥ずかしく思う


雲ひとつない空は
鳥も自由に飛び
過去の雨の日も
今日のためにある


気づかなかったタンポポが
揺れている
誰の心の中にも
ささやかな
その可能性
日常に忘れていたよ
思い悩み落ち込んだ
寒い日々
当たり前の躓(つまづき)きに
立ち上がる
若き力よ
弱さもいつの日にか
強さになるんだ


こんな場所にタンポポが
咲くなんて
生命力の強さと
ひたむきさ
教えられたよ
なぜか目頭が熱くて・・・
夢や希望や未来は
ここにある
雑草の中の命は
逞しく
育っていくよ
日陰も
日向(ひなた)になる


気づかなかったタンポポが
揺れている
誰の心の中にも
ささやかな
その可能性
日常に忘れていたよ
思い悩み落ち込んだ
寒い日々
当たり前の躓(つまづき)きに
立ち上がる
若き力よ
弱さもいつの日にか
強さになるんだ





AKB48の「タンポポの決心」という公演曲です。

新チームBのウェイティング公演の最後の曲が、この「タンポポの決心」です。


「ウェイティング公演」とはチームが再編されて新しいオリジナル公演が始まるまでの間、各チームがこれまでの48グループの楽曲からセレクトして作り上げた特別編成の公演です。


・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


もとはチームB4th公演「アイドルの夜明け」のセットリスト、本編最後の楽曲です。

「アイドルの夜明け」公演は2009.2.8~2010.4.16に行われていました。


 ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


若さゆえにぶつかる悩みや失敗を経験した主人公が、ふと線路脇に咲いているタンポポに気付き、


どんなきびしい環境でも花を咲かせるタンポポの「生命力の強さとひたむきさ」に感動して、自分の「可能性」を信じて再び動きだす。


悩みを乗り越えた主人公が、恋でもしようか、楽しい事もあるんだと元気を取り戻していく・・・・


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ 


悩んだ分だけ、ひとまわり大きく成れるんだよ、「弱さもいつの日か強さになるんだ」と作者のメッセージが込めらた楽曲です。



この最初のチームB が一番好きなんですよ。




ブログランキング・にほんブログ村へ

お手数ですが、ポチっとお願いします。


関連記事

AKB48