AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

脚本家が明かす「真田丸」ラストシーン秘話とは? 

 戦国武将・真田幸村(信繁)の生涯を、三谷幸喜脚本・堺雅人主演で描いてきた大河ドラマ「真田丸」が、12月18日の放送で最終回を迎えた。

真田丸


 最終回では、ここでも以前に紹介した「ダメ田十勇士」(スピンオフ短編)の面々が、ついに本編に登場するなど、最後まで小ネタも回収しながら物語が進行する展開だった。

 だがもちろん、メインは幸村と徳川家康(内野聖陽)の最終決戦の行方だ。家康の首を狙い、その本陣に突き進む幸村。これは、初回冒頭と同じシーン。

 堺は、最終回前のインタビューで「ここまで演じてきた分、向かうべき家康の姿もはっきりしていて、そこに至るジグザグのルートもしっかり見えている。すべてが具体的になった」と明かし、「情緒やしみじみした思いはどんどんなくなり、実務者の顔になっていった気がします」と語っていた。

 やがて実務者・幸村により家康は追い詰められ、若き日の“伊賀越え”を思い起こさせるような逃亡を見せる。しかし、幸村が家康を射程に捉えたとき、すでに戦局は変わっていた。

馬上筒を構える幸村と、覚悟を決める家康。そこへ将軍・秀忠(星野源)が到着する。決定機を逃した幸村は、佐助(藤井隆)と共にその場を脱出するが、二人は命運が尽きたことを悟る。

 ラストでは、大坂から江戸に戻る信之(大泉洋)と、道中で一緒になった本多正信(近藤正臣)にカメラが向く。二人が語り合っているところに、大坂城落城の知らせが届き、正信と別れた信之は、ふたたび歩みを始める。弟と対照的な生き方を選んだ信之が、生き延びて真田家をつないでいく姿を予感させるものだった。

真田丸

実は、三谷はインタビューで、このラストシーンについての秘話を明かしていた。

 以前から近藤のファンだったという三谷は、「近藤正臣さんが演じられることで、本多正信にすごく人間味、深みが出てきて、どこかで『真田丸』は正信で終わるんじゃないか、とふと思ったんです」と振り返る。「正信が信之に何か影響を与えて、信之が信濃松代藩の礎を築くことにつながる…そんな想像から段々、最終回のラストシーンが見えてきた」と言うのだ。

こうして、幸村の死を描くだけでなく、真田家の未来を予感させる最終回が生まれた。

 三谷は、「近藤さんが正信を演じられたから見えたことで、そうでなければ僕はこういう結末にしなかったと思うんです。僕は元々近藤さんが大好きで、大河ドラマでも『国盗り物語』('73年)の明智光秀と、『黄金の日日』('78年)の石田三成は強烈に印象に残っているので、近藤さんに最後を締めてもらえたのはすごくうれしかったです」と喜びを語っていた。

そんな三谷は、「まだ(大河への)恩返しが足りていない」と今後の大河執筆に意欲を見せ、堺も「(次の作品を)すぐにでもやりたい。九度山のスピンオフでも」とこちらも準備万端の様子。


◇記事参考
https://thetv.jp/news/detail/96006/





関連記事

真田丸 堺雅人 真田幸村 ドラマ 三谷幸喜 大河ドラマ 鈴木京香 吉田羊