AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

池井戸潤『陸王』が、今秋ドラマ化決定!主演は役所広司 


2017年10月からTBS系「日曜劇場」で放送される秋ドラマ『陸王』。かつて『半沢直樹』や『下町ロケット』など、高視聴率を記録した池井戸潤さんの原作です。


 創業から100年以上続く老舗足袋業者の四代目社長・宮沢紘一が、会社の存続をかけてランニングシューズづくりという未知なる領域に挑む企業再生ストーリー。

主人公は埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」社長として日々奮闘しながらも、年々先細る足袋の需要から、資金繰りに悩む月日を過ごしていた。

陸王 

そんななか、銀行担当者とのやり取りを通じて、新規事業への参入を考え始める。それは、足袋製造でこれまで培った技術が生かせる「裸足感覚」を追求したランニングシューズの開発。しかし従業員20名余りの地方零細企業にとって、それは苦難の道のりだった…。

新製品を開発するにはあまりに乏しい資金、人材、開発力。さらには世界的に有名なスポーツブランドとの競争など、何度も襲う困難にくじけそうになる宮沢だったが、その度に家族、従業員、取引先、銀行の担当者、そして知り合いを通じた新たな人脈が彼を救う。果たしてランニングシューズの開発は成功するのか。そしてその先に「こはぜ屋」の未来はあるのか…

(ORICON STYLEから引用)
 




2016年7月に出版された池井戸潤さん最新作『陸王』は、すでにAmazonでは5つ星評価を連覇するなど高評価。『下町ロケット』と同じように、ものづくりへの愛情があふれる登場人物たちの姿を繊細に描いた傑作といえるでしょう。

キャストは、主人公の宮沢紘一役に役所広司さん。TBS連続ドラマへの出演は、1997年7月クールに放送された『オトナの男』以来、実に20年ぶりとなるらしい。

原作のモチーフになった企業は、埼玉県行田市にある100年の歴史を誇る老舗足袋業者「こはぜ屋」さんです。



「陸王」TBS公式サイト
http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/



ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。





関連記事