AKB48手帖

AKB48グループ・Team8・乃木坂46・欅坂46

ぱるる出演「スーパーサラリーマン左江内氏」12・9%で好発進! 


 1月期スタートの新ドラマ、日本テレビ系「スーパーサラリーマン左江内氏」(土曜午後9時)の初回14日の平均視聴率は12・9%(関東地区)でした。

 このドラマは、1977年から78年にかけて連載されていた藤子・F・不二雄原作の「中年スーパーマン左江内氏」をドラマ化したもので、堤真一さん演じるパッとしない中年サラリーマンが、謎の男からスーパースーツを受け取ったことによって、しぶしぶ世界の平和を守ることになる姿をコミカルに描いています。


島崎遥香


 「勇者ヨシヒコ」シリーズなどで注目を集める福田雄一氏が脚本・演出を手がけ、福田作品ではおなじみの役者さんたちが多数出演していました。

 AKB48からは、ここでも何度か紹介しましたが、昨年末で卒業した島崎遥香さんが“鬼嫁”役の小泉今日子さんの娘・はね子役で出演しています。予想以上にセリフが多くてビックリ、第2話が楽しみです。


左江内氏


 ファミリーで楽しめるズッコケコメディーといったドラマですが、初回の平均視聴率12・9%は、なかなかの好発進です。

 主人公が空を飛んでる時のくたびれ感が何とも哀愁が漂って笑えました。原作は読んでませんが、ムロツヨシさんがもうちょっとしっかりした刑事役であって欲しかった。あのグダグダ感は「ヨシヒコ」みたいで、ワンパターンですね。

 堤さんは、『クライマーズ・ハイ』、『容疑者Xの献身』などシリアスな役柄以外にも主演映画『俺はまだ本気出してないだけ』『神様はバリにいる』などのコメディー作品にも出演しているので違和感なく楽しめました。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




関連記事

島崎遥香 ドラマ