AKB48手帖

AKB48グループ・Team8・乃木坂46・欅坂46

欅坂46菅井友香、壮絶な落馬!華原朋ちゃんは馬術でドイツ留学決定 

今回の「炎の体育会TV」は、ゴールデンタイムのバラエティー番組とは思えぬ緊張感が伝わった。

15日よる7時からの体育会TV2時間SPでは、華原朋美部長と欅坂46キャプテン菅井友香の体育会TV馬術部が全力で世界に挑戦した馬術国際大会の模様がオンエアされました。

すべての始まりは、今から437日前から始まった。歌の世界ではCDセールス1200万枚を記録するなど頂点を極めた華原朋美さんだが、馬術に関しては「国体4位」のまま、悔いだけを引きずっていた。

そんな華原さんは、10代の忘れ物を取りに、もう一度本気で馬術に挑戦。大会前のプレッシャーに襲われる姿、愛馬の故障などに見舞われながら取り組む姿は感動的だった。

体育会TV


昨年10月の馬術国内大会「ジャパンオープン」で優勝し、3月の国際大会の出場権を獲得した華原さんは3月24日~3月26日、静岡県つま恋乗馬倶楽部で開催された国際大会「国際馬術 掛川2017」に出場。

39選手がエントリーした大会はオリンピックの金メダリストが出場したハイレベルな大会。

華原さんは「ジャパンオープン」と同様、愛馬キャリーズサンとペアを組んだが、ジョーカー障害を1回目でミスしてしまったことが大きく響いた。

15位で納得のいかない華原さんだったが、この日臨んだのは、飛び越えた障害の高さに応じ点数が入る種目「トップスコア」。

しかし別種目では2位、4位に入り、日本馬術連盟は22歳以下の五輪候補選手6人を派遣するドイツ留学に、華原の特例参加をオファー。

ドイツは日本のトップ選手のほとんどが修業に訪れる乗馬大国。サッカーに次ぐ人気スポーツらしい。所属事務所も仕事を調整してバックアップする。

華原さんは、この日騎乗した「キャリーズサン」の息子「クラシック」(牡5歳)を自費で購入。今後は「クラシック」とのタッグで9月14~17日に開催される全日本障害馬術大会を目指すということです。


去年、華原と共に出場した「ジャパンオープン」で7位だった欅坂46キャプテンの菅井友香も別の国内大会をトップ通過し、同大会の切符を手にした。

結果は、華原朋美さんが630点で15位。菅井友香さんは、落馬で失権。




しかし、ゴールデンタイムのバラエティー番組とは思えない壮絶な落馬シーンには度肝を抜かされた。

ひとつ間違えば大事故につながる馬術競技で、アイドル菅井友香さんが見せた冗談抜きの真剣勝負は迫力があり、見ごたえがありました。

多くの選手が失敗した「ジョーカー障害」を1回は飛んで、560ポイントまで行ったのに残念でした。しかし、惜しみない拍手を送りたい、ナイスチャレンジでした。




にほんブログ村 芸能ブログ 欅坂46へ
にほんブログ村  



関連記事

欅坂46 菅井友香