AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

NMB48の藤江れいな丸10年の記念日に卒業公演 


ラストソングは自身の初選抜曲「10年桜」

NMB48の藤江れいなさんが27日、大阪・NMB48劇場のチームBⅡ公演で卒業公演を行い、10年のアイドル活動に終止符を打った。日刊スポーツが伝えています。

DA1eCw-VoAEgePa.jpg


藤江さんは、07年5月27日、AKB48に4期生として加入してから、ちょうど10年目の記念日をラストステージに選んだ。

今後は「音楽はやりません」と話しており、女優に専念するという。そんな彼女が最後に選んだのは、AKB48時代の初選抜曲「10年桜」だった。

「アイドルとして10年続けてきて、悔いはありません。アイドル、最高っ!」と、手を振った。

藤江さんは14年春の大組閣でNMB48へ移籍。

15年4月には、今では親友となった山田菜々から指名を受け、チームMのキャプテンも務めた。

AKB48時代は年少で、妹キャラだった藤江は「私がキャプテンなんて、AKB時代は考えられないことで、私自身ポンコツで、見習うべき背中は見せられなかったかもしれません」と反省しつつ、振り返った。



さらに、NMB48への移籍時を振り返り「私を温かく迎えてくれたNMBのファンの人にありがとうと言いたい」と口にすると、思わず涙した。

今後の女優専念へ思いをはせ「家族のようなメンバー、スタッフさんを離れてしまうので、正直寂しいし、1人で不安もあります。
でも、これまでも、これからも藤江ファミリーがいてくれるから」と、ファンに感謝を伝え、再び涙声で言葉を詰まらせた。

アイドル10年のうち、NMB48での活動は約3年だったが、ほとんどが後輩メンバーの中でのパフォーマンスは、藤江自身、自らが成長を実感する日々だった。

「NMBは私にとって、全員がかわいい妹。てっぺん目指して頑張る姿を応援してください。私も、私の選んだ道が間違ってなかったと、胸を張って言えるように大きく成長したい」と決意も口にした。


201705280021291c4s.jpg 


そんな藤江に、沖田彩華さんは涙のメッセージ。

沖田さんは、藤江がキャプテン時代のMを副キャプテンとして支え、昨秋の組閣では同時にBⅡへ移り、再び副キャプテンに就いており

「大先輩なのに、私たちに寄り添ってきてくれた」と感謝。

間近で、ファンやメンバーに愛される藤江の姿を見て「人として尊敬できる方。私たち、B2も、これからも(藤江の生きざまを)受け継いで頑張っていきたい」と話していた。


201705280022119e6s.jpg 








ブログランキングに参加しております。
ポチッとしていただけると幸せです。m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ




関連記事

藤江れいな NMB48 上西恵