AKB48手帖

夢に向かってひたむきな女の子たちを応援!AKB48Gと坂道シリーズ

ユーミンが荒井由実時代の楽曲を軸にした舞台「朝陽の中で微笑んで」帝劇でこの秋、上演 

 

松任谷由実×帝劇 第3弾
「朝陽の中で微笑んで」

11月27日から12月20日まで上演

 
DHat9fUVYAAQysy.jpg

 

シンガーソングライターのユーミンこと松任谷由実さんが東京・帝国劇場で歌と演劇を融合した舞台の第3弾「朝陽の中で微笑んで」を製作することが決まりました。

500年後の世界を舞台に、年の離れた男女の、時を超えた純愛を描く。 


ユーミンはストーリーテラーの役割も担い、生歌唱でラブストーリーを軸にしたファンタジックな物語が紡がれていく流れになる。 
 

主演に寺脇康文さん、ヒロインに元AKB48の宮澤佐江さんの起用が発表され、夫の松任谷正隆氏が荒井由美時代の1976年に発表したアルバム「14番目の月」に収録した楽曲をタイトルに脚本を書き下ろし、演出も担当する。 


劇名は荒井由実時代の1976年に発表したバラードで、

「難しい。どうしようと思っていますが、キャリアで鍛えられた今の表現力で歌うのが楽しみ」と意気込んだ。

 

 

 

 

ユーミンと帝劇のコラボレーションは3年ぶり3度目。

帝劇では初日と中日に座長が弁当を用意する慣習があり、ユーミンも過去2回の公演で用意。

中身が分厚すぎるカツサンドや、関西の料亭からお取り寄せした懐石弁当など、豪華すぎる品が伝説となっている。 


「懐石弁当は新幹線で数人に200個持ってきてもらった。その往復の運賃もかかっている」とビッグな裏話を告白。 


「今回も練っております。帝劇の新たな歴史を刻む」と笑った。 


11月27日から12月20日まで上演。

 

▶記事参考
映画.com ニュース

 

 

ブログランキングに参加しております。
ポチッとしていただけると幸せです。m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ  

関連記事

宮澤佐江 松任谷由実