AKB48手帖

AKB48グループ・Team8・乃木坂46・欅坂46

女性支店長VS舞?「花咲舞が黙ってない」第4話 若手行員が失踪した! 



出るかキメ台詞
「お言葉を返すようですが


原作は昨年、TBS系でドラマ化された「半沢直樹」の池井戸潤さんの
小説「不祥事」「銀行総務特命」(ともに講談社文庫)。
初回放送の平均視聴率は17.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、この春TOP。第2話も14.8%、第3話15.4%と好調。



【全8編が収録】

激戦区/三番窓口/腐魚/主任検査官/荒磯の子/過払い/彼岸花/不祥事



好評のうちに終了したNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で
主演を務めたさんが、不正を許せない銀行員・花咲舞を演じる
「花咲舞が黙ってない」。



 入行5年目、テラー(窓口係)として忙しくも充実した日々を送っていた舞はある日、事件や不祥事を起こした支店に赴き、解決に導く本部の「臨店班」に異動を命じられる。舞は「出世コースから外れた」という落ちこぼれの上司・相馬健(上川隆也)とコンビを組むことになる。


《第3話:臨店VS悪徳支店長!無能な部下なんていません!!》

舞は、テラーの女子行員たちと飲みに行き支店長の情報を聞いていた。

前日、支店長から、ほかの客より早く処理しろと言われ
「順番どおりにお願いします」と断った客、武内(丸山智己)から
今度は「通帳が出てこない」と呼び出しがあり、舞が処理をすると・・・

その通帳名は、女性の名前だった。それを舞が尋ねると「妻の通帳です」と言う武内。

自宅に戻ると、父(大杉蓮)が買ったサプリが、詐欺だったことが分かり大騒ぎに。


そのサプリ「荒磯の子」(アライソノコ)
チラシを、じっと見ていた舞は、
武内が持っていた通帳の名義「新井園子」(アライソノコ)
の名前を思い出し詐欺を見破る


というわけで、今回も、舞と相馬の連携プレイで、みごと詐欺被害の手助けを銀行がしなくて済むよう、架空口座を寸前で止めることが出来たというファインプレイ


名コンビのお手柄ですが、
それにしても部下を無能呼ばわりする支店長。酷いものです


相馬と舞の名(迷)コンビが問題をあぶりだす。
単純明快!わかりやすい。水戸黄門ちゃまみたい。つぎの
第4話の支店長役は戸田恵子さんです。また悪徳代官ならぬ悪徳支店長を演じるのか
女性支店長VS舞の対決


第4話は横浜西支店が舞台です。



◇放送:
毎週水曜22:00~ 日本テレビ系
◇演出:南雲聖一/佐久間紀佳/鈴木勇馬
◇脚本:松田裕子/江頭美智留/梅田みか
◇原作:池井戸潤「不祥事」「銀行総務特命」(講談社文庫) 
◇音楽:菅野祐悟/得田真裕 
◇主題歌:西野カナ「We Don't Stop」(SMEレコーズ) 


放送後7日間 無料配信中 http://www.ntv.co.jp/hanasakimai/

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

花咲舞が黙ってない ドラマ