AKB48手帖

AKB48グループ・Team8・乃木坂46・欅坂46

「ルーズヴェルトゲーム」の “沖原投手” が西武ドームで始球式! 


工藤阿須加が 父・公康と同じマウンドに



 
毎日新聞デジタル版によれば、プロ野球・西武などで活躍した
名投手・工藤公康さんの長男で、TBS系連続ドラマ
「ルーズヴェルト・ゲーム」に出演中の俳優・工藤阿須加さんが、
24日に西武ドーム(埼玉県所沢市)で行われる埼玉西武対東京ヤクルト戦
で始球式に登場することが分かりました。



野球経験はないとの事ですが、ドラマでは、球速150キロ超の速球を投げる剛腕・沖原和也役を演じています。父が現役時代に数々の名勝負を繰り広げたマウンドでどのような始球式になるのか注目です。西武ファンは温かく迎え入れてくれることでしょう。



 工藤阿須加さんは、2012年に連続ドラマ「理想の息子」(日本テレビ系)で俳優デビュー。NHK大河ドラマ「八重の桜」や「ショムニ2013」(フジテレビ系)にも出演した注目の22歳で人気上昇中。

「ルーズヴェルト・ゲーム」では、名門高校野球部でのいじめが原因で大好きだった野球を自ら封印していたが、社会人野球部でチームのみんなに支えられて再び才能を発揮し始めた投手役を熱演中です。

 「ルーズヴェルト・ゲーム」は、大ヒットドラマ「半沢直樹」の池井戸潤さんが手がけた企業小説が原作で、俳優の唐沢寿明さんが主演。中堅精密機器メーカー「青島製作所」の存亡と同社の名門社会人野球部の廃部を懸けた攻防を描いています。毎週日曜午後9時からの「TBS日曜劇場」枠で放送中。


野球ボール関連記事
《ルーズヴェルト・ゲーム》第4話隠し球はひとつとは限らない!? その意味するところは?
http://ameblo.jp/osakalove50/entry-11853815273.html



ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Comment

Add your comment