AKB48手帖

AKB48(NGT48/STU48)と坂道シリーズ

「花咲舞が黙ってない」#7 視聴率トップの16.0 



好評のうちに終了したNHK連続テレビ小説
「ごちそうさん」で
主演を務めた杏さんが、
不正を許せない銀行員・花咲舞を演じる
痛快オフィスストーリー!「花咲舞が黙ってない」

不正を見つけたら黙っていられない舞が言う
「お言葉を返すようですが」が決め台詞。

上司の相馬から「臨店では余計なことは絶対にいうな。同じ銀行でもよその会社だと思え」と言われているにも関わらず、「お言葉を返すようですが」とやっちゃうところが痛快。

原作は昨年、TBS系でドラマ化された「半沢直樹」の池井戸潤さんの
小説「不祥事」「銀行総務特命」(ともに講談社文庫)
初回放送の平均視聴率は17.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 放送日  視聴率 
 04月16日17.2 %
 04月23日14.7 %
 04月30日15.4 %
 05月07日16.3 %
 05月14日13.8 %
 05月21日16.0 %
 05月28日16.0 %
平均視聴率15.57 %
※平均視聴率は単純平均です。前回までの平均です。




【全8編が収録】

激戦区/三番窓口/腐魚/主任検査官/荒磯の子/過払い/彼岸花/不祥事



 入行5年目、テラー(窓口係)として忙しくも充実した日々を送っていた花咲舞はある日、事件や不祥事を起こした支店に赴き、解決に導く本部の「臨店班」に異動を命じられる。は「出世コースから外れた」という落ちこぼれの上司・相馬健(上川隆也)とコンビを組むことになる。

#7 視聴・感想

は、同期の友人・彩奈(瀬戸早妃)に
「紹介したい人がいる」と言われ、食事に出かける。

「そんな、男の人なんて……」と、最初はあまり乗り気ではないだったが、紹介されたレストラン「東京ダラス」オーナー・友田(姜暢雄)の好青年ぶりに触れ、彼が気になる存在に。

そんな中、は友田の部下・大塚(夕輝壽太)から、友田が融資を受けるために、東京第一銀行の行員に賄賂を渡していると打ち明けられる。

相馬(上川隆也)とともに、
賄賂を受け取った行員が誰なのかを調べるため、品川支店へ。

落ち込む舞だが、東京ダラスは業績も順調で融資先として問題がなく、
友田が賄賂を渡す理由は見当たらず……。

相馬は、その人物を突き止めた。副支店長の若村だった。

しかし、若村には、友田からの金は賄賂ではなく、
「個人的に借りたものだ」と逃げられてしまう。

確かに、東京ダラスは経営状態も良好で融資先として問題がなく、
友田が賄賂を渡す理由は見当たらない。この疑問をどう解くか?

調査は行き詰ってしまったかに思えたが、
父・幸三(大杉漣)の一言をきっかけに、謎が解ける


飲食店がやってはいけない食品偽装をやっていたのだ


東京ダラスは拡大路線に失敗し2年ほど前から経営は悪化していた。

調べてみると、おかしな事に相馬が気付く。
安い肉を仕入れコストを抑えメニューはそのまま
和牛だと偽って表記
結果、客を欺いて業績を回復させていた。
も生肉会社に行って調べていた。


品川支店の副支店長若村は、それに気付いていた。
不正な融資を受ける為に友田が賄賂を渡していたのではなく、
食品偽装を知った副支店長への口止め料だった


が友田に言う――
「あなたは、経営者として間違ってますっ
」(そのとおり!)


がっくり力を落とす友田だったが、
社長、もう一度やり直しましょう!と友田社長を慕う従業員たち。
最後は、ホッコリしたエンディングでした・・・

そうか、今回は食品偽装か! 粉飾決算かと思いましたが・・・
そういえば一時期、高級店や有名ホテルのレストランで問題になりました。



◇放送:
毎週水曜22:00~ 日本テレビ系
◇演出:南雲聖一/佐久間紀佳/鈴木勇馬
◇脚本:松田裕子/江頭美智留/梅田みか
◇原作:池井戸潤「不祥事」「銀行総務特命」(講談社文庫) 
◇音楽:菅野祐悟/得田真裕 
◇主題歌:西野カナ「We Don't Stop」(SMEレコーズ) 


放送後7日間 無料配信中 http://www.ntv.co.jp/hanasakimai/



↑ドラマのくわしい情報や話題は
関連記事

ドラマ 花咲舞が黙ってない

Comment

Add your comment