AKB48手帖

AKB48(NGT48/STU48)と坂道シリーズ

《ルーズヴェルト・ゲーム》第7話 新たな敵?鍵を握る女社長 



8対7の大逆転劇《ルーズヴェルト・ゲーム》
青島命運を握る女傑登場!


同ドラマの視聴率(数字は以下、すべて関東地区)は、
初回(4月27日)=14.1%
第2話(5月4日)=11.8%
第3話(同11日)=13.7%
第4話(同18日)
=13.8% 
第5話(同25日)
=16.0% 
第6話(6月1日)=14.8% 

第7話(6月8日)=14.5%

公式サイト http://www.tbs.co.jp/ROOSEVELT_GAME/ 
あらすじhttp://www.tbs.co.jp/ROOSEVELT_GAME/story/


CAST 

細川充  唐沢寿明  青島製作所社長
仲本有紗  檀れい  青島製作所秘書課 社長秘書
三上文夫  石丸幹二  青島製作所総務部長 兼野球部長
沖原和也  工藤阿須加  青島製作所製造部梱包配送課
朝比奈誠  六角精児  青島製作所製造部長
大道雅臣  手塚とおる  青島製作所野球部監督
豊岡太一  児嶋一哉  青島製作所営業部長
神山謙一  山本亨  青島製作所開発部長
古賀哲  高橋和也  青島製作所 野球部マネージャー
中川篤  小須田康人  青島製作所経理部長

北大路犬彦  和田正人  青島製作所野球部員ライト
井坂耕作  須田邦裕  青島製作所野球部員キャッチャー
猿田洋之助  佐藤祐基  青島製作所野球部員ピッチャー
萬田智彦  馬場徹  青島製作所野球部員ピッチャー
松崎  大橋一三  青島製作所野球部員コーチ
鷺宮  小橋正佳  青島製作所野球部員レフト
古城  片山亨  青島製作所野球部員キャッチャー
荒井  岩間天嗣  青島製作所野球部員レフト
倉橋  北代高士  青島製作所野球部員ピッチャー
円藤  檜尾健太  青島製作所野球部員ファースト
二階堂  高良亘  青島製作所野球部員ショート
須崎  木更津与兵衛  青島製作所野球部員サード
水木  久保孝真  青島製作所野球部員キャッチャー
仁科  足木俊介  青島製作所野球部員センター
島野  大内田悠平  青島製作所野球部員セカンド
飯島健太  林剛史  青島製作所野球部員ピッチャー
新田達彦  松藤和成  青島製作所野球部員レフト
如月一磨  鈴木信之  イツワ電器野球部員ピッチャー

長門一行  マキタスポーツ  青島製作所製造部梱包配送課長
山﨑美里  広瀬アリス  青島製作所製造部梱包配送課

磯部  峰竜太  白水銀行・支店長
坂東昌彦
花房志穂  
立川談春
平井理央  
イツワ電器社長
イツワ電器社長秘書

尾藤社長  坂東三津五郎  東洋カメラ社長

諸田社長  香川照之  ジャパニクス社長

城戸志眞  ジュディ・オング  キドエステート社長


笹井小太郎  江口洋介  青島製作所専務
青島毅  山﨑努  青島製作所創業者・会長




○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

企業小説がベースにあるので企業同士の攻防がメインに
描かれる
ドラマですが、はっきり言って一企業が倒産しようが、
どうなろうが、何ら感情移入出来るものでもなく、平社員や中間管理職が奮闘するならわかりますが、細川社長をメインに描く企業の攻防戦は、興味は湧きません。そこが、「半沢」との違いでしょうか。

しかし、社会人野球をミックスさせたところが、このドラマのポイントです。青島ナインとチアリーダーとマキタスポーツ(笑)には、エールを送ります。


お前にとって野球はそんなもんだったのか。
くだらない風潮に負けんのか。
お前に言ったはずだ。お前を救えるのは、お前だけだ!


あの千本ノックのシーンは、熱血スポ根ドラマのよくあるパターンですが、やっぱり見るものの心をひきつけます。


第7話 視聴・感想

臨時株主総会召集!青島の命運を握る女傑(ジュディオング)登場!

クライマックスシーンはここでしたね。
細川社長が笹井専務を捕まえて、大株主の城戸社長に会ってイツワとの経営統合を否決させるよう頼んでもらいたいと頭を下げるシーン。

(細川)
社長の座など…いくらでもくれてやる。
あなたがそう望むのなら私は社長の座を譲ります。

だが、イツワとの経営統合だけは絶対に認めるわけにはいかない。
経営統合といえば聞こえはいいが、実態はイツワによる子会社化だ。我々経営陣だけなら まだしも、青島の社員達は一部の開発部門を除いて全員 切り捨てられますよ。


しかし、笹井は、笑いながら言うのだった。

(笹井)
確かに私は青島製作所の社長になることを夢見ました。
しかし、それは地位や名誉が欲しかったわけじゃない。
あの人と…青島会長と造りあげた会社を自分の手で守りたいと思ったからです。

時代遅れだと言われようと、面白みがないと思われようと、社員達が安心して定年まで働くことができる。仕事に打ち込むことができる。それが会長と私が目指した、青島製作所だ。


常に勝つか負けるかのあなたのやり方で、社員達を安心させることができると思いますか?

他社との共存共栄こそが青島の生き残れる道です。
あなたが何と言おうと私はイツワとの統合にかける。


(細川)
坂東という男は青島製作所のことなど微塵も考えていない。そういう男だぞ!

(笹井)
いいや、それは違う。坂東社長こそ青島の窮地を救ってくださる救世主。信頼できるビジネスパートナーだと私は信じている!

う~ん、笹井という専務は原作では青島会長と年齢が近い年配の人物。
イツワの坂東にまんまとダマされているのか、それとも本当は、会長から支持されて何か作戦があるのかも・・・。そうでなければ、
よっぽどのお人好しかバカですよね。

話は変わりますが、青島野球部のユニフォームとチアリーダーの衣装がカッコいい



 

memo
坂東昌彦社長が所属する会社名が、原作では「ミツワ電器」だがドラマでは「イツワ電器」です。また、秘書の花房志保はドラマのオリジナルキャラクター。山崎美里が沖原和也に好意をよせていますが、これもドラマオリジナルの設定です。




↑ドラマのくわしい情報や話題は
関連記事

Comment

Add your comment